タイトル





鯛ラバ(鯛カブラ) 鯛ラバの自作 ジギング、ナブラ撃ち タチウオ タックル アシストフック 神経抜き リールの改造 船からのサビキ ブログ リンク

瀬戸内海・愛媛の来島海峡の鯛ラバ(鯛カブラ)



来島海峡の鯛ラバ(鯛カブラ)、ジギング船なら来島丸


タイラバ

鯛ラバ(鯛カブラ)の釣り方の基本は間違いだらけ

鯛ラバ(鯛カブラ)は一定のスピードで巻く必要はありません

鯛ラバ(鯛カブラ)の有効範囲について

鯛に鯛ラバを追って来させる3つの条件

鯛ラバの鯛に見せてはいけない範囲について

浮いた鯛を釣るために

同じ鯛ラバで釣れる時もあればショートバイトにもなるわけ

鯛ラバにアタリが出た時の鯛の動き

鯛ラバのフッキングについて

鯛ラバ(鯛カブラ)の合わせのタイミングについて

鯛ラバの自作の注意点とキャスティング鯛ラバのデメリット

鯛ラバのフックついて

鯛ラバでの釣果の差

鯛ラバ(鯛カブラ)の沈下スピードの重要性

極細ラインで大型の来島真鯛を取り込むコツ

ドラグ設定の仕方

ファイト中にバレにくい方法

私が鯛ラバ(鯛カブラ)で大鯛を釣っても喜ばない理由

鯛ラバの難易度の差

速攻SFノット改動画



鯛ラバ

タイラバは各メーカーが色々な種類を出していて、どれを買うか迷うと思います。
色んな鯛ラバに食う時もあれば、それしか食わない時もあります。

買う時にどうしても鯛ラバのタイプが偏ってしまいがちですが
いろいろなタイプの鯛ラバを揃えないと悲惨な事になります。

少人数での釣行なら釣れないと移動してしまいますが、遊漁船だと誰かが釣れ続けてるのにそのタイプの鯛ラバが無ければ手も足も出ず・・・て事も多々ありますよ。
鯛ラバもいろんな種類がありますが、これがいつでも釣れるというのはありません。
当たりの鯛ラバがあっても潮が変われば食わなくなったり、酷い時は1,2時間だけその鯛ラバにアタリが集中することもあります。

遊漁船で数人いれば他の人が使ってないタイプの鯛ラバや色を変えたりすると良いでしょう。
一人二人で釣ってもパターンが合ってなくて鯛が素通りなんてことも多いです。
出来れば四人以上は欲しいですね。

同じ鯛ラバでも上手な人と下手な人ではアタリの数は全然違います。
だかといって慣れてないような初めての人でもパターンにはまれば竿頭だったりしますからね。
鯛ラバは奥が深いです。

巻くだけなんて軽く考えてると打ちのめされますよ。
アタリの出し方、フッキングの仕方、やり取りの難しさ。
これ程、腕の差が出る釣りもそうそうありませんね。面白い釣りです。


時々ですが遊漁船で鯛ラバしてると、その色しか釣れない時が稀にあります。
その時に持っていないと手も足も出なくなります。

でも地元の愛媛でもそうですが、色はどれでも店にあるわけではありません。
欲しいカラーを探して1日走ることもありますが、大抵は不人気色なのか在庫はありません。

そこで便利なのがアマゾン等の通販。
通販は色々あるがネクタイやスカートのカラーを揃えるのならアマゾンが楽ですね。

私も使ってます。
買う時は幾つかの別々のカラーを買いますからオークションなどでは同一店で揃えにくいんです。
アマゾンなら一度に色々な種類を注文しやすいですし、急ぐなら釣具のポイントやナチュラム、リバース等 在庫数の多い店のどれかに統一して注文すると良いですね。

一番は地元の釣具店に全部の種類があると一番ですけど、売れにくいのもあるから現実は無理でしょうね。

各カラーの鯛ラバをセットしておくと、大変な数になるので無理があります。
そこでニードルやチューブオープナーを用意しておいて
いざとなればその場で変更できるようにしておけば道具も必要最小限ですみます。


アマゾンは好きな銘柄のネクタイやスカートの名前を検索すれば、各色出てくるので探す手間は大幅になくなります。




ヤフオクには掘り出し物の鯛ラバや中古の鯛ラバもあります。
ヘッドの中古を買って作り変えるのも良いでしょう。

ライン

PEの0.8から0.4号ぐらいまでを使用します。リーダーは2〜4号。
あまりにも太いと根掛かりの時にPEから切れて苦労します。
大鯛が掛かったとしてもテンションはあまりかけれないので、これ以上はいらないです。

深場もありますのでPEは200mあると安心です。

PEラインは良い物を選びましょう。安物はすぐに高切れします。
有名メーカーでも表示号数が小さくても太い物や断面が平たく潮の抵抗をかなり受けるものもあるので注意が必要です。

私が愛用しているタイラバのPEです。0.6号を使用しています。
それ程高くなく強度もあり水の抵抗も少なくて使いやすいです。
GOSEN ライトタックル

最近使ってるのはこちら
DUEL ハードコア

8本撚りは潮の抵抗を良く受ける為、来島には合わない気がしますね。
強いとは思いますが表面積が大きく潮を受けてしまいます。






鯛ラバの種類

シマノ 十五夜 タングステンヘッドです。 発売して、それ程の期間は経ってないですが早くも実績は多いです。
ビンビンスライド タングステンヘッドです。 ノーマルで使ったり、ヘッドだけ使って自作の鯛ラバへチューンしても良し。
ビンビン玉 タングステンヘッドで少々お高いですが、実績は抜群。 キャスティングでも使えて、カラーやチューニングパーツも豊富。 自分好みのパーツに変更して楽しむのもあり。
ハヤブサ 無双真鯛TGヘッド タングステンヘッドのTGやSLヘッド、普通の鉛ヘッド等、種類も豊富。セブンスライドのパーツを使いバランスも良い。 価格もリーズナブルで実績も高い。
紅牙 良く釣れます。

カラーも豊富でチューンする楽しさもあります。
各パーツを使って自分のオリジナルも作れますね。
この鯛ラバにヘッドだけタングステンの組み合わせも良く釣れてます。
私の船での釣りビジョンさんの取材(H25年5月)で釣れまくった鯛ラバは、紅牙のプロトモデルでした。
バレも少なく良く釣れます。

釣果はこちら
ソルティーラバースライド リーダー直結の自然なシルエット。青物も良く釣れます。来島でも良く釣れるので是非揃えておきたい鯛ラバですね。
セブンスライド 実績はネットでも十分知ることが出来ると思います。 来島でも良く釣れます。 自作パーツがあるので自分で製作する人はこのパーツを使うと綺麗に作れます。
シマノ 新月 タングステンヘッドでアタリが多い。チューブは傷むことがあるので釣ったら点検しましょう。ラインブレイクの原因になります。


ここに紹介したのは、ほんの一部です。まだまだ良い鯛ラバはたくさんあります。
市販の鯛ラバはそれなりの値段がするので来島の岩礁帯では、もったいないというのであれば自作でも全然釣れます。
ただバランスとかは大事なので、セブンスライドやダイワの紅牙等のパーツを使って作ると良いバランスの鯛ラバが自分でも作れるでしょう。
根掛りの多いポイントでは自作、砂地なら市販の鯛ラバというように使い分ければ財布の負担は軽減できるでしょう。
自分で作った鯛ラバで釣れると嬉しさも格別でしょう。



鯛ラバの自作にについてはこちらへ



タックルについてはこちらへ





サイト内に掲載されたテキスト・画像等全ての転載転用・商業販売を固く禁じます。
私の理論には一般に知られてない独自の理論が多いです。
言葉を変えて引用しても一目瞭然ですのでご注意ください。




鯛ラバ(鯛カブラ)の釣り方の基本は間違いだらけ

鯛ラバの釣り方については、テレビ、雑誌、HP等で色々紹介されてますが 世間一般で言われている釣り方には結構間違ってることが多いと思います。 (あくまで私の考えですので、信じるか信じないかはお任せします)

まだまだ開拓されてない釣り方なので、私もお客さんの協力を得ながら日々勉強です。
自分一人では絶対わかりませんが、同時に色々な事を試せる遊漁船なら 気付くことも多くなります。

私も1人で出たりしますが、鯛ラバを変えて釣れたとしても 変えなくても実際は釣れたかもしれないし、他にもっと釣れるのがあるかもしれない。
でも1人ではもう一度、流し直さなければいけないです。 もしかしたら流し直す時に群れが入って、たまたま釣れただけかもしれないですからね。
非常に効率が悪いのと、正解が分かりにくいです。

良く一般的に言われている鯛ラバの釣り方の常識で間違ってるのを幾つかあげてみます。

・鯛ラバの巻き方は常に一定のスピードで巻かなければならない。ウソです。

・鯛ラバは釣れてる人のスピードに合わす。ウソです。

・鯛ラバはアタリがあっても合わせをいれてはいけない。腕次第。

・鯛ラバはアタリがあったら絶対に巻くのを止めてはいけない。ウソです。

・魚が掛かったらリールを一定のスピードで巻き続ける。腕次第。
もっとバレない方法もあります。

・浅い場所は軽いヘッドを使ったほうがよい。ウソです。

・コツコツとしたアタリはネクタイしか噛んでない。ウソです。

・冬の鯛ラバはスローで巻かないと釣れない。ウソです。


他にもありますが秘密なところもありますので詳しくは書きません。

理由は全てあります。
例えば一番上の「一定のスピードで巻かなければならない」は 自然界の生き物が一定のスピードで泳ぐのは滅多にないと思います。
早く巻いてて途中で遅くすると、逃げるのを追ってた鯛がチャンスと思って一気に食いに来ます。



もちろん遅くした途端、見られて見切られるパターンもあります。
逆にゆっくり巻いてて早くすると、後ろから近寄って確認してた鯛が 自分が近くに寄って逃げるので獲物だと思って一気に食いに来ます。


鯛ラバのスピード変化を利用する

鯛ラバの巻きスピードを遅くするパターン
画像
メリット

・海面が近い時や、鯛があまり上にまで追って来ない状況

・早巻きでは付いて来るが、後ろに付いてから見切られる時に食わせられる。
(後ろに付かれる前にスピードを落とさないとダメ)

・早巻きには対応してない鯛ラバでも食わせる事ができる。

・着底後のラインスラッグの回収が早く、着底見切られが少ない。



デメリット

・早巻きで追って来ない時は、完全に見向きもされない。

・スローにすると食わない鯛ラバには合わない。

・アコウが釣れにくい。






鯛ラバの巻きスピードを速くパターン
画像
メリット

・スローでは付いて来るが、真後ろに付いて見切られる時に食わせられる。

・後ろに付いてエサかどうか悩んでる鯛にもリアクションで食わせられる。

・スローには対応してない鯛ラバでも食わせる事ができる。

・アコウが釣れやすい。



デメリット

・スローで見向きもされない時は、完全に見向きもされない。

・早巻きにすると食わない鯛ラバには合わない。

・一瞬での底切りが難しく、フォールで付いて来た鯛に見切られやすい。

・鯛の動きが良い時は、一発で見切られる。







ズバリ、鯛ラバは一定のスピードで巻く必要はありません。

ソフトなジャカジャカ巻き(三角巻き)等も見切られない為に有効です。


ただし変速リトリーブに対応できる鯛ラバじゃないとダメです。



なぜ、鯛ラバのスピード変化が有効なのか
画像
メリット


鯛は鯛ラバの後ろに付いてから、しばらく確認しているのか

ずっと追いながら見ている時があります。

そのまま食うのもいれば、見切って食わないのもいます。


見切られてる鯛ラバでも、この技を使えばハッキリ鯛は確認できないので

食ってくれる場合があります。



デメリット


鯛ラバのセッティングが難しい。

どのスピードでも対応できる鯛ラバじゃないとダメ。



良い時と悪い時があるようなのですが

時期なのか鯛ラバなのか 未だにわかりません。




遊漁船のお客さんで釣りが初めてって人もいます。
リールの巻き方もぎこちなく、完全な三角巻き。超グリングリンなってます。(笑)

鯛ラバは変な動きしてるんだろうなって思ってたら、意外と良く釣れます。
見切られない為には重要なんだとは思いますが、どうゆう鯛ラバで、鯛がどのような状態の時に有効なのかが解明できてません。

いきなりガツンと食いにくる鯛もいますし、後ろから気付かれないように近づいてきて食う鯛もいます。

後ろに付いてエサかどうか確認しています。そして止める鯛が大半です。
実際にアタリがでる鯛は少数の感じですね。

後ろに付かれても気付かれないようにしなければなりません。
いくら早巻きでも同じスピードで泳げば止まって見えます。
上手くセッティングできてる鯛ラバなら良いですが、鯛ラバだって動きにくい部分もあります。 それらが止まっててハッキリ見えるはずです。

ただ、動けば良いというものでもありません。
スピード変化で、変な動きをする部分があると逆効果になると思います。


変化の時に注意しなければいけないのは、恐らくですが遅くなった時にフォールにならない程度じゃないとダメと思います。
常にスローな時でも横移動にしてください。

ジギングでもそうですが、ジャークしててジグが毎回落ちるジャークになってる人が多いですね。
説明が難しいですが、ジャークの後にジグが頭を下にして落ちてから次のジャークになってます。
実際に魚が上を向いたり、下に向いたりして泳ぐことはありません。
逃げる時ならなおさらです。

上手なジャークの人は、ストップを入れてるようでもジグは横にスライドしてます
その状態でフォールするなら釣れますし、サワラ等にも有効です。
(一応、スライドが良くないパターンもあります。理由もありますので、また機会があれば鯛ラバの記事に説明します。 理由は同じですので。)

慣れてくればジャーク後のリールの巻き取る量やロッドにジグの重みが乗った感じで、「今のジャークはスライドしてる」、「今のはスライドしてないな」ってのがわかるようになります。 ジグの重さ重心、ラインの太さ、潮の速さ等によっても変わるので、その都度、釣り人が調整しなければなりません。
来島海峡の湧き潮なんかは200gのジグが適当にジャークしても落ちないですから。(笑)

話は逸れましたが鯛ラバに関しては、まだまだ調べないとわからないことがあると思います。
でも、こういう巻き方をする人が滅多にいないですからデータがとれません。

今までの一定のスピードで巻かなければいけないという定説がありますから、たぶん変な巻き方は恥ずかしいんでしょうね。
でもこういうメリットもありますから、どんどん試してください。
本当に考えられないくらい釣れる時がありますよ。





ただ、言われるがままに鯛ラバを巻くだけより こんな感じで水中を想像して、常に鯛が近くに居ると思うを集中力も維持できます。

他にも鯛の状況によっては、獲物が逃げるのが良い時とダメな時があります。
逃げるのをガンガン追って食べている時もあれば 逃げるのは追わず、自分に気付いてなくてゆっくり泳いでいる獲物だけ食う時もあります。
細かい事言えば、この状況の違いは水深によっても変わります。
下記のキャスティングでのデメリットにも記載していますが、説明の流れ的にこちらでも書いておきます。

鯛が逃げるエサでも追いかけるパターン

画像


このような状況だと鯛ラバの、どの方向から見せても追ってきます。

自分の存在に気付いて逃げる獲物でも、それ以上の速さで追って食います。
「エサを追いかけて食うのは当たり前でしょ」って思うかもしれませんが
気付かれても追うのと、気付かれないように追うのでは違います。

これも区別して鯛ラバをセッティング、そして巻きスピード、バーチカル、キャスティングの選択します。



 
鯛が逃げるエサを追いかけないパターン

画像


エサの視界に入ってる鯛は追うことをしません。
追っても逃げられるのをわかってるのでしょうね。
なぜ、そんなことがわかるのかって思うかもしれませんが
いろんな状況を解明していくと納得できる事が多々あります。

幾つかありますが下記のキャスティングでのデメリットでも書いていますが
キャスティングに全く見向きもしない時があります。

他にも鯛が底にいるはずの状況で、すぐに食いに来る時もあれば
追っては来るのですが、なかなかアタックして来ない時があります。
その鯛が追いながらアタックするか見切るかの判断してるので
長く追い続け時間がかかる場合があります。
(鯛のサイズによっても若干違います。大鯛はちょっと違いますが特殊ですので他の鯛と違います。
パターンじゃ無くて食うし、フッキングも非常に簡単なので楽チンです。だから大きな鯛が釣れたからって、そのパターンが正しい事はないです。

他にもありますが、あとは内密です。(笑)


あの活発に動き回るヤズ(イナダ)でさえ、状況によってスライドさせるとダメな時があります。
まったく同じジグで横に向けるとダメ。
エサの視界に一度でも入ると追わないようです
同じスピードでもスライドさせないようにするだけでアタックしてくる状況があります。

と言っても向きを変えずに止めるって意外と難しいですよ。
ロッドの反発力でスライドしてしまうことがありますから、上手く殺さないといけません。
止まった瞬間に食ってくることが多いですからね。

リヤ重心のジグに変更したり、リヤフックにトリプルフックを追加して動きを殺すだけで
今まで追うのを止めていた魚がアタックしてきます。
数人で試すとよくわかると思います。

当たり前だと広まった情報はウソだらけでしょう。
人が言ってる情報、同じ事をしてもしても人より上にはいきません。
人より上手になろうと思うなら、それ以上に考えて試してみてください。

失敗はつき物です。私もバカじゃないのかって思われるような事も色々試してきました。
例え船中、自分だけが釣れてない状況でも 人が使ってるあの鯛ラバが釣れる時に自分の使ってる鯛ラバは釣れない。 その経験が次に繋がります。

私も周りが釣れてる時に、あえて合ってないだろうというような鯛ラバを使ったりしてきました。
それでわかる事もありますからね。

市販の鯛ラバならメーカーがテストをしてるから大丈夫って思うかもしれませんが 一概にそうとは限りません。
色々な状況もありますし、私から見てあまり良くないなって思う鯛ラバもあります。
もちろん海域も違うので、テストを繰り返してるフィールドでは釣れてるのかもしれません。
時期にもよりますので、一度釣れなくても違う時期には良いこともあります。

鯛が釣れるのには必ず理由があります。
ただ、厄介なのは 食いが良いのが勢いで、たまたま食ってくる事があるんですよね。
1匹釣れたので正解だと思って使い続け 周りの人がもっと釣れてるのに変えなくなってしまう
んですよね。
合ってる鯛ラバなら、他に釣れてる人がいれば、その鯛ラバにも反応があるはずです。 周りが釣れてない時は判断が難しいですけど。

パターンを見つけれて、例え10匹釣れても満足してはいけません。 上手くできれば15匹釣れてるかもしれないです。
前に良く釣れたパターンでも、日や状況が変わればパターンも変わりますよ。

鯛ラバは本格的に流行して数年です。 まだまだ開拓の余地があります。
私が正しいとは思いません、まだまだ釣れるはずです。

これから本格的に鯛ラバを極めにいきます。
私だけでは発見できないので、是非、乗船いただいてご協力をお願いします。

正直、自分で言うのもなんですが来島のサバは極めた感が多少あります。
でも鯛は全然ダメですね。超ムズカシイです。
極めたからサバを狙わなくなるのではないですよ。
来た人はわかると思いますが超危険です。ペラもメチャクチャになります。
絶品の来島のサバを広めたいのですけど・・・
まぁチャーターなら出るので、釣りたい人はチャーターでお願いします。

画像
良い時期になれば、入れ食いでこんな感じになります。



鯛ラバ(鯛カブラ)の有効範囲について


鯛ラバには鯛から見たときに追う範囲、食う範囲というものが必ずあります。

画像

それは鯛ラバ次第なので難しいですが、セッテイング次第で広くもできますし
最悪の場合はほぼ無くなることもあります。 そうなるとほぼ釣れません。

自分のこの鯛ラバは、どれくらいの有効範囲があるのかを理解することが大切です。
それは人が釣れてる状況で試してみないといけないので、かなりの時間を要することはわかると思います。
どうすれば確認できるかと言うと、単純に釣るしかないです。
誰かが釣ってる時に自分にどれほどアタリがあるかが重要な判断材料ですね。

有効角度の広い鯛ラバは必ずアタリの数が多いです。

鯛は基本群れで居ますので、誰かが釣れるとある程度は近くに鯛がいることが多いです。
そこで自分の鯛ラバがどのくらい通用してるかが大事です。
乗り合いだと周りの人が釣ってくれたりするので、その鯛ラバでどの位釣れるというのも自分の糧にできるでしょう。
自分一人で得られる情報なんてどれほどもないです。

極めれば鯛ラバを見て、大体の有効範囲を知ることもできるようになります。
そしてセッテイングでも、ここをこうすればもう少し広げるようにできるというのも可能になりますね。

ただ、この有効範囲に鯛を入れれば釣れる、という単純なものでもありません。
以前に書いた「鯛ラバの難易度の違い」でもある、簡単な状況になればそういう状況にもなりますが
ほとんどの時間はそれほど単純なものでもないです。(来島の場合)
幾つかの要素がからみあって釣れるようになります。

それはまた追々書くかもしれませんが、絵を書くのも大変なので出来るかどうかはわかりません。
なんとか絵のソフトを勉強して説明できたらと思います。



まずは釣り人のラインの角度も重要です。
おまけにその角度次第で、鯛ラバの有効範囲も変化します。

画像

だから自分でどの角度が一番広く出来るかというのも理解すると良いでしょう。
難しく考える必要はありません、釣れた時の角度を覚えておくことです。
ショートバイトなら、その角度以外で勝負すると釣れたりすることがあります。
でも色々な角度でショートバイトならセッティングの変更が必要です。


操船しながら釣っていただく時はある程度は私がある程度できますが、ドテラや2枚潮の時などはどうしようもありません。
自分の釣り方で対応していただくしかありません。

良く釣る方はその辺の対応が凄いですね。釣る人がどのようにしてるかを参考にしてみましょう。

当然、他の人との絡むこともあるとは思いますが全然大丈夫です。
気にせず大胆に自分の試したい事を試してください。
最大でも6人乗船で、一度に絡んでも1人か2人ですから絡んでも大した事にはなりません。

よく極細ラインは絡んだ時にラインが傷むというのも聞きますが、いくら細くても絡んだくらいで傷みはしません。
お互いのラインがギンギンにテンションが掛かっている状態で触れると一発で切れます。
ただ、どちらか一方のラインがテンションが掛かっていなければ何も傷むことはありません。
そんなにヤワなラインじゃありません。
もし片方の人が魚が掛かって、そのラインに絡んだ時は注意が必要ですが、鯛ラバの重量のテンションぐらいでは平気です。

だから張らず緩めずで上げてくると全然大丈夫ですので気にしなくて大丈夫です。
その時に鯛が掛かっているラインに対して角度かつくと負担が掛かりますので
可能なら掛かってる人の近くに行って巻き上げれば大丈夫です。
絡んだのを解こうとして横から引っ張ると流石に切れます。


まぁタチウオは別です。 釣れたタチの歯に触れると一発で飛びますから。

私は0.4号のPEを使用したりしてますが、絡む事で傷んだことは無いですね。
鯛では大丈夫ですが大物の青物と根掛かりで傷みますね。
根掛かりはPEのスプールの中のラインがやられますね。
青物も同じかもしれませんが、青物の場合はロッドのガイドも強烈に擦れるから、それも原因の一つかもしれませんね。

話はそれましたがPEの傷む原因はそういう事なので、絡むのは気にせずで己の釣り方に徹してもらって大丈夫です。



私の書いてある記事は細かいところまで気にしていますが、他の海域ではそこまで気にすることは無いような気がします。
テレビや雑誌で見る限り、大海の鯛は気にしなくて良さそうです。
玄海や錦江湾等の鯛ラバですね。

あのセッテイングでは来島や瀬戸内では釣れないです。 全く釣れないわけではないでしょうけど、あまりにも釣れる条件が限られてしまいます。
松山や宇和海に近い場所には合うかもしれませんね。
なので松山で釣れるから、と同じセッティングで来られる人はまず釣れないです。

両方行ってて慣れてる方は来島のセッティング、松山のセッティングと使い分けてます。
逆になってしまうと撃沈しますので注意が必用です。

どちらかというと来島は香川や明石、鳴門に近い感じがしますね。
お客さんの話や向こうで釣れてる鯛ラバを見ると間違いないでしょう。

ご自分の釣る海域によってセッティングは違うので、色々な情報を取り入れながら試してください。
先日も明石で釣れてる鯛ラバで連発してましたね。 条件が来島に似てるのでしょう。

まぁ実際は場所の違いではなく条件の違いだと思います。
条件が同じなら場所が違えど食うと考えてます。
同じ魚ですからね。体の構造が同じなので食い方も同じでしょう。
この事はまた作ってる記事があるので、そのうち出せると思います。


よくある事ですが、有効範囲が狭いと見切られる事が多発します。

画像

良くあるのが早巻きの人が多いパターンで、画像のように鯛が追ってくると有効範囲を外れやすくなります。
鯛は最短距離を直線的に追ってくるので、鯛のスタート次第では距離があり時間がかかります。

そのため鯛の見る角度が変わってしまい、有効範囲を外れてしまいます。
そうなると鯛は見切って止めたりショートバイトで逃げて行きます。
原因は主に3つだと考えています。

1.鯛ラバに対してスピードが速いと有効範囲を外れやすくなります。
2.鯛ラバに近づいて細かいところまで見られるとエサに見えなくなる。
3.浅くなり光量も多くてエサに見えなくなる。


スローに鯛ラバを引くと、この鯛との角度を一定にすることが出来る為に非常に強くなります。
2の項目以外はクリアしやすいですね。
ただ早巻きの鯛ラバに比べると作りがシビアです。じっくりと見られるのでしょう。
ちょっとでも合わない部分があると逃げて行くようです。

でもこのスローに対応している鯛ラバだと釣り座関係なく連発していますね。
万能型の鯛ラバを作るにはスローで釣れないとダメです。

早巻きのみしか釣れない鯛ラバでは釣り座が良くないと釣れなかったり
追い回す鯛が多い食いの良い日とか、朝夕しか釣れない鯛ラバになってしまいます。
 

もし釣っててアドバイスを必要とするなら私に聞いてみてください。
ある程度は鯛ラバを見たらオススメの釣り方や改良点が解る場合もあります。
指図されるのを嫌う人もいると思うので基本、あまり口出しはしないようにしていますが
船中、皆さん釣ってるのに全然釣れない人もいるので気の毒になったりしてきます。

まぁ自分で考えたり試したりするのも楽しいですけどね。
自分なりで作って釣れると、たとえ1匹でも喜びの大きな1匹ですからね。


まだこの話には続きがあります。 これに入れるだけで釣れるなら苦労しません。
ただいま製作中です。 もう少しお待ちください。





鯛ラバの死角を意識しながら巻く

鯛ラバの死角を理解する

鯛ラバは鯛のエサとなる生き物です。釣れる鯛ラバは(笑)

鯛がエサを見つけたら追いまわして食う、と思ったら大間違いです。
ほとんどの時間は近くにエサが通っても素通りで無視です。


なぜ解るかというと実際に何度も釣りながら確かめてます。
条件が合わないエサは完全に無視してます。深場は別ですが。

前の記事でも書いてますが、ここにも図を書いておきます。 

画像

鯛とエサの小魚のスピードはそれほど大きく変わりません。
絶対的なスピードは鯛が上だとしても、相手は非常に小回りが利きます。

以前も書きましたが鯛の関節は青物のように可動範囲が広くありません。
体高もあるのでスピードを保ったままの方向転換は得意ではないはずです。

急ブレーキをかけての反転はできるでしょうが、右に左に追い回すのは無理がでます。
大型になればなるほど、その傾向が強くなります。

ブリにしても同じ傾向になります。 小型ほど追い回すのが得意でしょう。
大型のブリやメジロクラスになると食べ方も変わります。
どちらかというと下記に書いてある鯛の食べ方と似るようになります。


獲物を追う動物は単独行動なら捕食するときのパターンは幾つかあります。

1.待ち伏せ
2.隠れながら忍び寄る
3.見えない位置から忍び寄る

1は動かない鳥のハシビロコウが典型的ですね。
2のサバンナのネコ科の動物とかがこれをしてますね。
単独の行動の捕食者なので、群れで狩りをするライオンとかは別です。

3は鯛のほとんどはこれだと思ってます。もちろん「鯛ラバの難易度の差」に書いてある簡単な時は別です。
ただ2と3のタイプは見つかってしまうと狩りは成立しません。
チーターなどが相手に見つかってスゴスゴ帰っていったり
スタートに失敗したらすぐに追うのをやめて諦めるでしょう。

魚も同じで相手に見つかってる状態で無理やり追うことはしません。
追う状態もありますが、それはよほど恵まれてる状態です。時間は短いですね。
見つかっても捕まえやすい甲殻類とかは大丈夫でしょうけど小魚は無理です。
鯛ラバでそれらの鯛を狙ってるようでは良質の鯛は釣れません。

鯛ラバもスキだらけの獲物を演出すると追ってくることが多くなります。

そこで大事なのが鯛ラバの死角です。 相手の死角から鯛は追ってきます。
野生の動物が獲物を捕まえる時にほとんどの捕食者はこれを意識していると思います。

ネコが「だるまさんが転んだ」の遊びのように目線を合わすと動きが止まるのも理にかなってますね。 他にも熊から逃げる時に背中を見せて逃げてはいけないでしょう。
視線を向けていると襲われにくいとは言われてますね。

あれらの動物は確実に相手「目」を見ているでしょうね。
「それなら鯛ラバにも目玉を付ければいいじゃん」て思うかもしれませんが効果は疑問です。
陸上の動物にはズバリ「首が回る」、魚には首はなく「進行方向で目線が決まる」が大きな違いです。

サバンナでの捕食者が草むらに隠れながら相手に近づく時に、近づくタイミングは首の動きに合わせて動いてます。
エサを食ってる時や向こうを向いてる時ですね。

それに対して魚は目線を後ろ方向に向けようとすれば確実に方向が変わります。
ということは進行方向さえ意識すれば目を見る必要はないはずでしょう。
目玉の付いたジグを反対につけても平気で釣れます。

バランスの変わるジグではダメですが、動きが同じにできるなら試したこともありますが確実に釣れます。
ということは目玉は意味がないのでしょうね。
私もジグの自作をしていましたが、最終的には目玉無しで作ってました。

このことから「鯛ラバの死角」というのは「鯛ラバの有効範囲」とは似てるようで違う事が解ると思います。
死角は鯛ラバのセッティングによって左右されるものではなく、進行方向で決まります。

画像

先ほど書いたブリも、死角を上手く使ってこういう動きになってます。
だから軽めのジグで豪快にスライドさせながらジャークをするとヤズばかりが釣れるでしょう。
スライドさせるということは逃げているというのと、ジグの視野にブリが入ってしまいます。
重めのジグだったり、スライドさすことが出来ない女性や子供、不慣れな人がブリを釣ることがあるのは理由があるんですね。


ここまで書けばスロージギングが、何故あんなに動いている感じがないのに釣れるのかが解ると思います。

皆が食いが良いという時は追い回してる時だけのことが多いです。
今は遊漁ではしませんがタチウオも、その傾向が確実にあります。
経験の多い方は心当たりがある状況を体験したこともあると思います。
それを気付く人と気付かない人では大きく差が出るでしょう。
アンチョビがスローで釣れる状況や大型のタチに強いのも理由があります。

魚の死角は後ろと背中と真下。
鯛は後ろから狙ってきますが、タチウオは後ろももちろんですが得意なのは真下から狙う事です。
小魚は通常敵が居ない状態で回遊しているときは水平方向に泳いでますよね。 それを真下から狙い撃ちます。
だから立って泳いでいるのも納得できるでしょう。。
昼間のタチウオは時期にもよりますが基本底ベッタリが多いですね。
一番見つからない底にいて上を通るエサを見つけると襲いに行ってますね。

こういう時にアンチョビは強いですね。 でも普通のジグでも後ろの死角を上手く使える人は全然釣れます。
要は動かし方ですね。

だからアンチョビをバシバシとシャクッて釣るのはナンセンス。 そんなので釣れる状況なら普通のジグの方が楽に釣れます。 メチャ重たいですしね。

今でも遊びでタチウオに行ったりチャーターでたまに行ってますが、そういう時に確認済みです。
ただエサだけで釣れる時は確実にありますね。
これはどうしようもない感じです。

来島の鯛は匂いは関係無いと思ってますが、タチウオは間違いなくあるようです。
遥か彼方から匂いの通ったラインをだどって近寄ってきますね。
私も一人で色々試してみましたのでよくわかりました。
乗り合いで人数が増えればわかりにくいかもしれませんが、一人なら自分のエサしかないですからね。 数十メートル下から上がってきます。
勢いよく上がってくるならエサを見てるかもしれないと思うかもしれませんが、そんなスピードではないですね。
メチャゆっくりと、匂いを確認しながら上がってきてる気がします。

ジグで何とかなると信じて頑張ってみましたが、どうにもならない事もあるようです。(笑)
悔しいですが、その状況に人間が対応するのも技術です。
意地を張って対応する変化をしなければ進歩はないかもしれません。
でも信念を持ってその道を突き進んで新しい物を見つけれるかもしれませんから、どちらが正しいとは言えないでしょうね。

今、広まってきている鯛ラバのワームなどもそうかもしれませんね。 使わない主義も賛同できますし、より簡単に釣れるならと飛びつくのも良いでしょう。

両方使ってみてセッティングの違いを確認して、何が良くて何がいけないのか?
二つの違いから本当に大事な部分が見えてくるかもしれませんね。
ワームを使う人がまだまだ少ないので詳しくはわかりませんが
シリコンネクタイでも同等に釣れる時とワームが強い状況がある気がします。
はっきりと確認できれば出せると思いますが、まだまだ時間はかかりそうですが。
あまりワームを使う人がいませんからね。

ザックリ言うとワームの方がセッティングが楽。釣れる幅が広くなります。
ただシリコンネクタイでもセッティング次第で大丈夫だとは思ってます、今は。

ディープの場合は針絡みが少ないのは確実なアドバンテージでしょう。
回収して確認の難しい水深で暫く釣ってて、皆が釣れてるのに自分だけ釣れない。
回収してみるとネクタイが針に刺さってる・・・せっかくの大切な時間にこんな無駄はありません。


話はそれましたが、小魚をエサにしてる魚はほとんどの場合は死角からの接近です。

他にも色々な釣りにも応用が利くと思うので、鯛ラバやジグに限らず
幅広くこのことを考えながら釣ると釣果は確実にアップすると思います。

例えばメバリングやアジングでも常夜灯の境目のどこに魚が居てどこを見てるか。
そこに死角を入れるには、どこからどのスピードで引くと狙える等を考えると良いでしょう。



「鯛ラバの有効範囲の角度」と「鯛ラバの死角」に鯛ラバが入っていないとダメな事は理解出来たと思います。
(見られても追ってくる簡単な状況の時は別です)
 
そしてもう一つ重要でメチャ難しいのは、死角に入ってない状態や有効範囲に入ってない状態の鯛ラバを鯛に見せてはいけません。

非常に大切な事なのでリストアップしておきます。

鯛に鯛ラバを追って来させる3つの条件

「追って来させる」です、釣れるではありません。

1・鯛ラバの死角に鯛を入れる。
2・鯛ラバの有効範囲に鯛を入れる。
3・有効範囲以外の状態を鯛に見せず、鯛ラバを見つけた初見をこの状態にしつつ獲物を追う射程距離に入れる。


補足すると1、2の条件を満たす前に下の図の範囲を見せてはいけません。


鯛ラバの鯛に見せてはいけない範囲

画像

これが出来れば、ほとんどの鯛は追ってきます。 あたるかどうかの最後の一押しは鯛ラバによるので別ですけど。
(近づいて合ってないと帰っていきます)

この範囲は遠くになったりすると、ぼやけてくる感じになります。 透明度が少なかったり、光量が少ないと距離が短くなります。

簡単なようですが潮の速さやタナ、スピードがシビアです。

おまけに斜めに引いてる時は縦の動き幅と横の動き幅の比率が重要です。
キャスティングのような斜め引きだと引き始めの一瞬だけは、この状態のゾーンがあります。
ただ引いてくると視野に入ってる状態から死角に鯛を入れてしまいます。 これは致命的な欠点になります。

角度がきつい斜め引きは広く探れるような錯覚がありますが、私からしたら狭くしてると思ってます。
バーチカルが線で狙えるなら、キャスティングは点で狙うようなものです。
バーチカルも点で狙うような気もするかもしれませんが、簡単に釣れる時は潮が動いて船も鯛ラバも動いています。
だから有効範囲も動いて広い範囲を狙えています。

キャスティングの場合、鯛ラバのセッティングがバーチカルに比べると非常に楽なんですよね。
だからアタリが多く感じてしまうかもしれませんね。

キャスティングやドテラで極端に斜めにする場合

画像


図のように3つの条件をクリアするのは非常に困難ですね。
潮が速いとなんとかクリア出来るゾーンは増えますが、緩むと全然ないことが理解できると思います。
潮が緩いから広く探る為、キャスティングが良いとネットなんかでも書いてるのを見たことがありますが全然ダメです。
特に鯛の性質は潮が緩い時は積極的には獲物を追わなくなりますから、その点でも斜めにし過ぎるとデメリットが大きくなります。
キャストするにしても角度を調整しましょう。


潮が速く簡単に釣れる状況

画像

比較的簡単に釣れるのはこの状況がほとんどですね。
意識しなくても自然と3つの条件をクリアできてます。


潮が緩むと皆さん釣れなくなります。 その原因がこういう感じになります。

潮が遅く釣るのが難しい状況

画像

死角や有効範囲に入れるのはできますが、その前に有効範囲以外を見せることになります。
そうなれば鯛は追ってきません。

どうすれば条件をクリアできるかを考えならが巻きましょう。




潮が速そうでも2枚潮は別です。
考えると解ると思いますが、2枚潮で角度が変わると死角や有効範囲の方向が変わります。

上記の3つの条件をクリアするのがメチャクチャ難しいのが分るでしょう。
イメージしやすいように図にしてみました。

2枚潮の状況

画像

こうなると有効範囲以外の部分を鯛に見せてしまう事がほとんどになります。

ドテラでも同じになります。
条件によってはドテラでも釣れる場合もありますが、別に書いてある釣りやすい状況が重ならないと釣れないですね。
いつまでもダラダラ斜めのままで巻いても、そう簡単に条件が合う鯛には遭遇しないでしょう。
特に巻き量が少ない人が絶望的になるのは、こういう原因があるので注意が必要です。

3の項目が非常に難しく射程距離は鯛によっても多少は違うでしょうし、水深やスピードにもよるでしょう。
単純に考えればスローな動きの方が、鯛が少々離れていても追ってくれるような気がしますね。
ただスローはセッティングが難しいですが。

これが出来るようになると潮止まりの誰も釣れないような状況でも釣れるようになります。
ただ潮が緩んだり潮止まりは、鯛が獲物にたいしての追い方が変わってきます。
セッティングも潮が速い時とは別物にしないとダメですね。
別物というのは有効範囲の広さや方向が別ということです。
それが同じに作れたら色や、ぱっと見の感じが違ってても全然釣れます。
記事が書けたらアップするとは思います。

他にも鯛が釣れないと思われてるような時期にも釣れるようになるかもしれませんね。
攻略法は同じ感じですので対応できるのでしょう。
ただし鯛ラバは巻いてくる釣りです。
この条件をクリアするのは、かなり難しいと思います。


船が動かない潮止まりや、2枚潮で船だけが速い状況で
鯛のいる位置を自分で仮説を立てて、その鯛にどういう風に巻いてトレースすれば
全ての条件をクリアできるかを考えてみてください。

かなり難しいのが理解できると思います。


あとよくあるのが釣りやすい鯛の場合、底に張り付いてる鯛ですね。
釣りやすい底付近の鯛

画像

自然に3つの条件をクリアしやすいのが解りやすいと思います。

対して浮いている鯛の場合はどうでしょう。

底から離れて浮いている鯛

画像

もちろんここまで読めば浮いている鯛に対して、下から目の前を巻いただけでは釣れない事は理解できると思います。
この鯛を攻略するのが恐らく一番難しいと思います。

やり方はない事はないのですが、非常に効率が悪く技術的にも格段に難しいでしょう。
真冬にどうにもならない時に狙ってますが、釣れてるのはほんの一部の人だけでした。

鯛が浮いていると非常に難しくなるのは図にすると理解しやすいと思います。



浮いた鯛を釣るために必要な考え方



画像


こういう状況は、たいていの場合上の潮が速い2枚潮です。
どうやってアプローチすれば良いのかは各々で考えてみてください。
難しいですが私が冬にキャスティングで狙うのは、この手のタイプの鯛を狙ってます。




初見が鯛ラバの有効範囲に入っていなくても食う状況があります。
詳しくは言えませんが、そういう場合はどの角度を見せても追ってくるので簡単です。
釣り座が有利な方しか釣れなくて、しかも釣れてる鯛ラバがバラバラ。
(色とかじゃありません。鯛ラバのタイプですが説明は難しくてできません。)
そういう状況なら、あまり有効範囲とかを気にする必要はありませんね。


以前に書いた「鯛ラバの難易度の差」で簡単な状況が重なってる時などは
それほど気にしなくても大丈夫な時もあります。

初見と言っても鯛が鯛ラバの詳細を確認できないほど透明度や光量がなければ
近寄ってくる時は少々は大丈夫そうです。

「来島では特定の人しか釣れない、しかも釣り座が裏でも関係なし。」 という状況が多々あります。というかいつもですね。
それは先に入ってる鯛ラバが合わなかったり、合っていてもその鯛の初見に鯛ラバの有効範囲に入らなかったら追ってきません。
だから釣り座が関係ないことが良くあると考えています。
もちろん先に入るのは有利ではあるのですが、それにこだわり過ぎると大事なことを見落とすかもしれませんね。



ただ巻くだけと考えてた人には難しいかもしれませんが、これをクリアできるようになると
アタリの数は段違いになりますので大変ですが、鯛と鯛ラバの位置関係を意識しながら釣ると釣果は上向くと思います。




同じ鯛ラバで釣れる時もあればショートバイトにもなるわけ



真冬の鯛ラバは皆さん苦戦していますね。

何度も来られている方は気づかれてると思いますが、釣れてる人と釣れてない人の差が顕著に出ます。
来島では夏も差が出ますが冬はそんなレベルではありません。

完全にダメな鯛ラバは釣れないです。

ショートバイトはあるのに釣れないって事は、鯛ラバをしていると誰もが経験すると思います。
ただ春、夏、秋の鯛はショートバイトがありながらでも食う鯛もいれば、チョンで終わる鯛もいると思います。
冬ははっきり言ってそんな甘い状況ではありません。

冬は触らない鯛ラバ、ショートバイトだけの鯛ラバ、釣れる鯛ラバ、と完全に分かれます。
もちろん釣れる鯛ラバもショートバイトの時もありますが、それは追いついた時が浅くなり過ぎたり
魚が小さすぎることがほとんどですね。

だから他の時期のように自分の鯛ラバはショートバイトが多いけど、そのうち乗るようなアタリが出るだろうという 考えは捨ててください。

バカな大鯛や大群に入った時、朝夕とか以前書いた、「鯛ラバの難易度の差」で書いてある よほど有利な時ぐらいしか釣れません。

そんな状況は滅多にないので期待はしないでください。

今までの冬も10匹釣ってる人の横で0匹の人もいたりするのは、きちんとした原因があります。

と言っても何がなんだかわからない人がほとんどでしょう。
釣り方や鯛ラバのセッティングが重要なのですが、それをどのような方向でするかは釣り人次第です。
原因は解っていますので、ある程度は説明しておきましょう。


まず冬以外の鯛は、まず動きが違います。
潮止まりなどの状況では違いますが、ほとんどが一直線で鯛ラバにまっしぐらです。
普通はそうだろう、と思うかもしれませんが
冬や他の時期でも潮止まりの時間はそうではないんですね。

なぜ一直線なら釣りやすいかを考えると、同じ鯛ラバでショートバイトがあったりガッツリ食ったり、最悪、触りもせ
ず見切る鯛がいるのかが解ります。
解りやすいように図にしてみましょう。

以前に紹介した鯛ラバの有効範囲が非常に重要なカギになります。

同じ鯛ラバで釣れる時もあればショートバイトにもなるわけ

画像

上の図のように鯛ラバの有効範囲には隣接するショートバイトが多発するゾーンが必ず隣接します。
それ以外は見向きもしなかったり、寄って来ても触りもしないまま引き返すゾーンがあります。
いかに良いゾーンを鯛が追ってくる間にずっと見せれることができるか
そしてセッティングで有効範囲を広げるかが大事なことになります。


冬以外の鯛が同じ鯛ラバで色々なバイトになるわけ


鯛ラバのスピードによってショートバイトになる理由

画像

このように鯛ラバのスピードによって、ある程度、狙いの場所に入れやすくなるのが解ると思います。 でもある程度です。
鯛との距離、方向が解るわけはないので、あくまで感覚的なものですが
理由が理解出来れば、巻きスピードも今以上に意識してできると思います。




フォールで寄ってきた鯛との距離で変化する理由

画像

この時期の鯛は多くの場合、フォールで追ってきます。
その鯛ラバの落ちるスピード、鯛との距離が重要になります。
特に落ちるのがゆっくり過ぎると鯛が寄るのが早すぎて釣れない場合があります。
寄るのが早過ぎると上記の鯛ラバの見せてはいけない部分を見せることになるので釣れません。
来島ではタングステンが強いのも解ると思います。

こういう理由でゆっくり落ちて速く上げる鯛ラバは釣れなくなります。
船であまりにも酷い人はアドバイスしたことがありますが、こういう理由があります。
ゆっくり落ちる鯛ラバなら、巻きはゆっくり一択でないと厳しいでしょう。


同じ重量のヘッドでも
・形状
・ラインの太さ
・2枚潮で上のラインが引かれる
・深くなれば着底付近の沈下速度は遅くなる

この辺も影響があります。
できればPEラインに1mごとのマーカーがあると着底寸前のフォールスピードが把握しやすいでしょう。




潮の速さによって鯛ラバと鯛の位置をイメージする

画像

これが同じ鯛ラバでも様々なバイトがある原因です。


何度も釣ってるとショートバイトと釣れる時の割合によって、自分の有効範囲の広さが解ってくるでしょう。
どのようにセッティングを変えればショートバイト率が減るかを考えながら作ると良いですね。

ただショートバイト率が減ったと思っても実際はアタリ自体が減ってる場合もあります。
周りの人の釣れ具合がヒントになると思うので、釣れてる時間に試さないと解りません。

実際、釣れてる時間なんて1日釣ってもわずかなので大変な作業ですけどね。
自分の世界に閉じこもらず、周りの釣れてる人の鯛ラバを参考にしてみましょう。


ただこの直線的に鯛が追ってくる時は比較的、鯛が釣りやすい状況ではあります。
潮止まりや真冬の鯛はこのようには追ってきません。
どのように追ってくるかは、ネットでは流石に公開できませんが最重要事項ですね。
釣れてる人の鯛ラバを参考にすると方向性は出てくるかもしれません。
このHPにも書いてるので、くまなく読んだ人は追い方は大体想像できるとは思います。

難しいですが、上記の図のように釣りやすい場合は偶然がある程度必要です。
・鯛がスタートするタイミング
・その距離
・その時の潮の速さとの兼ね合い

これらは釣り方で広く合わせることは可能ですが絶対的ではありません。
いうなれば相対的です。

でも直線的に追わない時の真冬などは、上の偶然的なのは関係なく 鯛ラバに合わせて追うルートを変化してきます。

これは絶対的です。

だから同じ鯛ラバでいつまでも釣れ続けることが出来るので爆発する人はします。
逆に言えば釣れない鯛ラバ(有効範囲が一部でも合ってない)だと全く釣れません。
追って来ても触りもしなかったり、ショートバイトの鯛ラバは、ずっとショートバイトだけになります。

セッティング的には、かなり広い範囲の有効範囲が必要になってきます。


真冬に来られるお客さんは何度も心当たりがあるかもしれません。
だからさっきはショートバイトだったけど、夏のように次はガッツリ食うかも、という甘い期待は捨てましょう。

アタリ鯛ラバを見つけることが出来たら、真冬は恐ろしく連発します。

去年、一昨年と真冬の鯛ラバをお客さんと共にチャレンジしてきましたが、釣れるのは潮が速い時だけでした。
小潮とかの動きにくい日は撃沈続き、それまで釣れてた鯛ラバでも触りもしなくなっていました。
潮が動きにくい日は鯛がエサを食わないんだ、と思っていましたが、そんな事はなかったのが今年わかりました。

速い時は釣りやすく、その鯛ラバで攻めるから全然釣れないだけてあって、鯛ラバが対応すれば全然釣れますね。
今年は緩くてもアタリを出す人が数名います。
やはりそういう人は日にもよりますが、一人で二桁前後釣っていますね。

ただ合わせも夏よりも格段に難しいので、キャッチするのは大変ですが それも練習次第で率は大幅に上がると思います。

少なくとも巻くだけ、たるまさなければバレない、というようなレベルではないので、 何度も悔しい思いはするかもしれません。

一年で一番美味しい時期の鯛です。苦労する価値はあると思います。




上にジャンプ






サイト内に掲載されたテキスト・画像等全ての転載転用・商業販売を固く禁じます。
私の理論には一般に知られてない独自の理論が多いです。
言葉を変えて引用しても一目瞭然ですのでご注意ください。




鯛ラバにアタリが出た時の鯛の動き

鯛ラバ(鯛カブラ)のコツコツしたアタリでの鯛の状態を解説します。
バラしが多発している人は必見です。


鯛が咥えてすぐに反転するパターン

画像

このパターンだと掛けるのは一番簡単ですね。
ゴンッと一発目のアタリでロッドをひったくるような感じや
リールの巻きが止まる程のアタリになるのでわかりやすいでしょう。




鯛が咥えて反転せず頭を振るパターン

画像


これはフッキングが難しくなります。
アタリの出方はコツコツとでます。
いわゆる以前から良く言われる鯛ラバのアタリですね。
実際は鯛は後ろから追って来てるので、若干ですが進んでいます。
そしてリールを巻くのでコツコツと追って来てると勘違いしていることが多いですね。

以前から言われている「コツコツとあたってる時は鯛が鯛ラバをつついてる」というのは
ほとんどの場合、このパターンです。

コツコツとしたアタリでも鯛は鯛ラバをしっかり咥えているのです。


このまま巻いてると、鯛によっては上記のように反転してくれる鯛と そのまま反転しないで口を開ける鯛がいます。
釣れているのは反転してくれる鯛のみです。
それが釣れているんですね。


鯛ラバのコツコツしたアタリの時の動き
画像

今までの鯛ラバで巻くだけで釣れてるのは、図の上側の状態になってくれる鯛がほとんどです。
これはコツコツとあたった後に、グイッとロッドが入ります。

下の図の鯛は、コツコツとあたった後に、スッと抜けます。
鯛が食い込まなかったと思うかもしれませんが、実際は食ってる事が多いです。
結局は鯛の状態がわかっていないんですね。

もちろんそのまま上を向いた状態で口を開ける鯛でも、上手く口にフックが引っかかれば釣れます。
ただ、そんなものは偶然頼みです。
たまたまを狙ってたのでは技術は上達しません。

この食い方が一番多いような気がしますね。


なぜこんな動きを鯛はするんでしょうか?

鯛はエサを噛み潰す魚。
小魚などは尻尾の方を噛み潰しても暫くは生きてます。 噛んだエサを口に入れるには口を開けなければなりません。

もしその状態で飲み込もうと口を開ければ逃げられる可能性があるでしょう。
そこで咥えたまま頭を振ると、小魚は頭を振られて鯛の体に叩き付けられます。
そうすると暫くは動けないので、更に飲み込もうとして口を開けても逃げられる事はないでしょう。
魚は意外と簡単に脳震盪はおこります。

実際は海の中での事なので想像でしかありません。
水槽等で飼ってる鯛で見ても、自然界ではありませんからね。
魚を飼ってる人はわかると思いますが、環境にすぐに対応しますから
それを見て参考にするのも疑問があります。




鯛ラバを咥えたまま居食いするパターン

居食いするパターンも何種類かあります。詳しくは下記紹介します。
画像
鯛ラバは所詮偽物だから鯛があたったら、こちらが何かしらアクションしないといけないと思うかもしれませんが
鯛ラバでも実際は居食いします。

でも皆さん気付かないです。
なぜならリールを巻き続けてるから。

当たり前ですね。

リールを巻いてるのでロッドはドンドン絞り込まれていきます。
そしてそのまま海面近くまでティップが入り、もう大丈夫だろうとフッキングします。

噛んでるから一瞬は重みが乗ります。
でもその衝撃で鯛が上を向いて口を開けたら、ほとんどの場合は逃げていきます。

たまに掛かりますけど。
それは偶然掛かったり、フッキングで合わせても鯛が動いていない。
大きい鯛、ドラグズルズル、ラインスラッグが多いので力が伝わってない。とかですね。

詳細は鯛ラバ(鯛カブラ)の合わせのタイミングについてで説明します。






これらは釣り人の技術次第では掛けれるはずです。 ただ鯛ラバのアタリの中には完全に掛けれないようなアタリも存在すると思います。



鯛ラバのコツッとしたアタリの状態

画像



コツッときた時には鯛はキッチリと鯛ラバを噛んでいます。
でも一瞬で鯛ラバを離します。

これはほとんどの場合、鯛ラバが合ってない時が多いですね。
何度もアタックしてくれて、最後は食ってくれる場合もあれば
このワンアクションで終わる場合もあります。

この場合、アタリが小さいですが自重が乗ってるわけではないですから
アタリが小さくても油断しないように。
一気に重くなって切られる事が多いです。




口の周りで触って確認しているパターン

画像


鯛ラバをエサなのか確認する為に触って様子見をしている事もあると思います。
あくまで私が釣ってて、手先に伝わる感覚での判断なので間違ってるかもしれません。

鯛ラバの後ろから一瞬だけ突き上げるようなコンッて感じがするんですよね。
あれは一瞬咥えた感じとは思えないんです。

この後、追いかけてくる時もあれば、最初のコンッで見切って止めてしまう鯛もいます。

鯛の食いによる差もあるでしょうし、鯛ラバの見え方
コンッて触った後の対処の仕方で、 もしかしたら食ってくるかもしれません。





鯛ラバ(鯛カブラ)の釣り方の基本は間違いだらけ

鯛ラバ(鯛カブラ)は一定のスピードで巻く必要はありません

鯛ラバ(鯛カブラ)の有効範囲について

鯛に鯛ラバを追って来させる3つの条件

鯛ラバの鯛に見せてはいけない範囲について

浮いた鯛を釣るために

鯛ラバにアタリが出た時の鯛の動き

鯛ラバのフッキングについて

鯛ラバ(鯛カブラ)の合わせのタイミングについて

鯛ラバの自作の注意点とキャスティング鯛ラバのデメリット

鯛ラバのフックついて

鯛ラバでの釣果の差

鯛ラバ(鯛カブラ)の沈下スピードの重要性

極細ラインで大型の来島真鯛を取り込むコツ

ドラグ設定の仕方

ファイト中にバレにくい方法

私が鯛ラバ(鯛カブラ)で大鯛を釣っても喜ばない理由

鯛ラバの難易度の差

速攻SFノット改動画





タイラバのフッキングについて


タイラバのフッキングについてはガッツリ合わせる人と合わせない人の両方いると思います。
私は合わせは必要だと思っています。
どちらでも釣れているので正解は無いのかもしれませんが、ガッツリ掛ける事でフックが奥に刺さり折れにくくもなりますし、途中で外れる事も少なくなると思ってます。

タイラバが流行り始めた頃はフッキングはしてはいけないというのが定説でした。
私はずっとこの事を疑問に思っていましたね。

なぜフッキングしてはいけなかったのか・・・

それは私の予想ですが、ガツガツとアタリがあった時は鯛はきちんとフックを噛んでいます。
ネクタイだけなら重くなる感じはありますが、ガツガツとダイレクトに伝わる硬い感じはでません。
ただこの時点でフッキングすると初めに重みがあって、それから抜ける事が多いです。
それはマダイが噛んでる時は重みが乗ってますが、フッキングの衝撃でビックリして口を開けるとスッポ抜けます。
鯛のアタリ方もいろいろあります。

では、どうすればフックが掛かるようになるか?
それはマダイが反転してから合わす。これに限ります。
でも反転しなくてアタリが終わるからどうしようもないじゃん。って言う人もいるでしょう。 反転しないのは原因があるからです。

反転しない理由、それはズバリ嫌な違和感があるからです。



鯛ラバの見た目に違和感がある時、ちょっと噛んで止めたり、コンッと触るだけで終わります。

少しセッティングを変えるだけで、今まで触るだけで終わってたアタリが
一気にガッツリ食って、ひったくるようなアタリに激変したりします。



もう一つは
噛んで下に突っ込もうとしたけど突っ込めない時に
すぐに口を開けてタイラバを離します。


これを防ぐのは、ある程度タックルに柔軟性を持たせます。
それはなんでもかまいません。柔らかいロッドを使うのも良し、リーダーをナイロンにするのも良しです。
そしてロッドの位置も反転したらロッドを下げれる位置でリーリングした方が良いでしょう。基本はラインとロッドが90度です。


合わせるのが究極のフッキングになるとは思っていますが、ハッキリ言ってメチャクチャ難しいです。


そこで比較的簡単に出来るフッキング方法があります。
それは「鯛の力次第でリーリング速度を調整しながら巻き続ける。」です。
なんだ、今までの鯛ラバは合わせてはいけない、巻き続けろってのと一緒じゃんって思うかもしれませんが
私の場合は巻くのを止めても全然かまいません。

巻く力の調整は難しいです。
ロッドの硬さ、ドラグの調整で微調整はしなければいけませんが、鯛が引いた瞬間に力を抜きます。
力を抜くというのは鯛を反対に向けます。

理想的にはドラグきつめでロッドの角度を調整して出来るのが理想です。
鯛が引いた時に、ロッドを下した状態の時だけドラグが出るのが理想です。
ドラグが緩すぎるとリールは巻けないし、フックは掛かりにくいですから。

なんならリールを止めても全然かまいません。
相手が下に向いて泳いでるのだから、巻かなくても全然外れません。
やり取りの中、鯛は何度か突っ込みしてきます。
その突っ込む度の一発目に鯛を下に向けてしまえば高確率で釣りあげる事が出来るでしょう。


ドラグの調整はまた別で説明します。


よく力づくで巻くのを目にします。
釣り番組とかでもですが・・・

某メーカーの釣り番組やサイトの動画でも、その巻き方をしてる人もいますので参考にしてもらいたいのですが
本人に無断で載せるわけにもいかないので、いつか了解をとれる時が来たら紹介します。
あの巻き方を鯛の動きを考えながらしていたら、もう達人の域ですね。


実際、鯛が獲物を咥えた時は、一切上に上がろうとする力は働きません。

魚だろうとエビだろうと、身体の一部を咥えられてるのですからね。
口の周りで暴れる事はあるでしょうけど。
結局、巻く力というのは完全に鯛にしたら違和感でしかありません。

巻く力を上手く調整しましょう。

鯛ラバは巻くだけの中でも技術次第でキャッチ率は激変します

巻く力を調整すればバレにくい理由
画像

巻く力が強すぎると、鯛が上を向いてしまいます。
そしてこの状態で口に入ってる鯛ラバを吐こうとして口を開ける外れます。

もう一つは逃げようをして下に突っ込っこもうとしますが
巻く力に負けると下に向けません。

その潜ろうとする動きを上向きでしてしまいます。

この二つの動きがバレの大きな原因です。
防ぐ為には 巻く力を弱めたり、わざと緩めたりすると鯛が下を向きます。
緩めるのはタイミングを間違えるとバレの原因になるので高難易度です。


これでマダイは反転しやすくなります。

巻くだけの中にも色んな状況があるでしょう。

ドラグ緩々で釣っててもバレないのは、この原理ですね。
ただ上級者でそれでは、いつまでたっても上達しないし、鯛を釣り上げるのに長時間かかってしまいますよ。


鯛が鯛ラバを食ったら、その後どうするか?

3種類しかありません。


1 何もせず動かない。
2 逃げる(鯛は下に必ず行きます)
3 異物を吐く

これだけです。 これをどう感じて、どう対策するかは釣り人の腕次第です。


フッキングをするのもありです。

フッキングの力はタックル次第なので一概には言えません。
あまりにも大型だと、この時点でラインブレイクの可能性があるのと、フッキングで鯛を持ち上げると上を向いてしまいます。
来島ではライトタックルを使用してて0.6号が多いですからね。
力を入れ過ぎると一発で飛びます。

ただ、大型といえど本気の突っ込みをしているわけではないので、わりとフッキングで止まります。
この時点である程度の大きさは分かると思います。

フッキングの強さは、その時々で変えています。
魚の大きさ、水深、鯛の動き、海流と船の流れ方等で強さは色々ですね。
ここらは説明では難しいので直感です。

今は巻くだけでのフッキングが主流ですが、もっと鯛ラバが研究されてくると合わせが広まると思います。
私は真冬の鯛ラバもやってますが、真冬の鯛は全然力強さがなく突っ込んでも軽いので掛かりません。

サイズが小さいとなおさらです。

巻くだけでは、なかなか乗りません。自分から掛けにいって掛けないとダメですね。
この掛け方をマスターすると他の季節の鯛を掛けるのは超簡単になると思いますよ。


まぁ合わせは人それぞれで良いと思います。慣れない事をやると余計にバラします。
ただ、たまに掛かったからといって、それが成功ではないですからね。


鯛のフッキングするチャンスは二つあります
画像

大事なのは下か横を向いてる状態で口を開けさすことです。
マダイは反転して反対を向いているので掛かります。

突っ込んだ時の合わせではマダイも噛んでいる状態でフッキングしているかも知れないので恐らく充分にはフックアップしてません。
それからマダイは逃げるために下に突っ込むでしょう。

魚が逃げようと突っ込む時は間違いなく口を閉じてます。
じゃないと抵抗が大きくなりますからね。だから外れにくいです。

その時は無理をしてはいけません。泳がすだけ泳がせれば良いです。そして必ず、すぐに止まります。
その時に更にフッキングします。ここではマダイは口に入った物を出したい為に口を開けています。(あくまで想像ですが・・・)
魚が口の異物を吐く時は間違いなく止まっています。
進みながらは水圧で出ないですからね。
この時がフッキングの最大のチャンスです。 他の魚のように食った瞬間にフッキングするのが良いとは限らないと考えてます。
この微妙な鯛の姿勢を感じれるようになったら格段に上手になってると思います。



ここでのフッキングで確実にフックアップします。これで途中で外れた、なんていう悲劇は少なくなります。
このフッキングで外れてしまったら、掛かった場所が悪いんだと諦めましょう。
フッキングしなくても、どうせ途中で外れますから。

よくわからない人は合わせるよりは、上で書いてる巻き続ける方が掛かる率は高いと思います。

その場合はロッドの曲りに余裕がある状態で巻きましょう。
ロッドがまだ曲がってくれるのでマダイが反転できます。
そして抵抗を受けて嫌がりマダイが口を開けた時にロッドの反発力で口に掛かります。

柔らかいロッドでもロッドを下に下げた状態で巻き続けるとマダイが反転する余裕がなくマダイはこちらを向いた状態で口を離します。
当然フックは掛かりません。
時々掛かったり、大型は強引に反対向くので掛かりやすいですが、フックアップ率は非常に悪いですよ。



向こう合わせで釣れたマダイは所詮、マダイ任せ。
意図的に反転させてフックアップしたのは、釣ってやった感がありますよ。
ま、あくまで私の想像ですから、間違ってるかもしれませんが気になる人はお試しください。フックアップ率は格段に向上すると思いますよ。

アコウはすぐにフッキングしても簡単に掛かります。でも私はすっぽ抜け防止とマダイだったらいけないので反転するまで待ってますが
食いが悪いときは離すのが早く、バレる可能性も大きいので臨機応変にする事が多いですね。

当たった瞬間に何の魚かが分かり、それに対応する事ができれば一番ですね。
マダイのアタリがあった時に、今、マダイがどのような状態でタイラバを噛んでいるかってのを想像しながら釣ると面白いですよ。

食いの良い時や、群れでいるマダイは、そんなに神経質にならなくても意外と簡単に掛かります。
群れでいる魚はマダイにしてもハマチにしても、他の魚に横取りされないようにする為に一気に、そして咥えてからも、暫く噛んだままでいてくれてますね。こんな時は楽勝ですよ。
アコウは即合わせでも掛かるのでアタリがあった瞬間に判断できるのが一番ですが、非常に難しいですね。






鯛ラバ(鯛カブラ)の合わせのタイミングについて


私は鯛ラバしててもフッキングはバシバシしています。
それを見てよく聞かれるのが、いつ合わせるの?って聞かれます。
でも上手く答えれないんですよね。 なぜかというと、鯛次第でフッキングのタイミングは変わります。

すぐに合わせても大丈夫な鯛もいれば、少し待ったほうが良い時もあります。
上記を理解すれば、どういう状態でフッキングすれば良いかはわかると思います。
その状態は鯛によってもタイミングが違います。 時間ではありません。


その前に鯛の捕食方法を理解していないといけませんね。

魚の捕食方法は大きく分けて4種類あります。
・噛み潰す・・・・・・・・・・・・・・・・・・真鯛、黒鯛、石鯛等
・歯が鋭く、傷をつけて食べる・・タチウオ、サワラ等
・吸い込む・・・・・・・・・・・・・・・・・・スズキ、アジ、メバル、アコウ等
・突っ込みながら吸い込む・・・・・ハマチ等の回遊魚、サバ等



大雑把に分けるとこんな感じですね。
顔や口の形をみれば、その魚がどんな捕食方法をするかわかります。
また機会があれば書いてみます。

鯛は噛み潰すタイプの魚ですから、胴体の急所を狙います。

吸い込むと言う人も居ますが、そういう魚はバス持ちした時に必ずエラが開きます。
(鯛が流れてくるエサを吸い込んでる状況もありますが、限られた一部の状況なので省きます)

吸い込むなら海水を出す出口も大きく進化するはずですから。
例えば、バス、スズキ、アジ、メバルなんかですね。

ちなみにエラの開く魚でもハマチ、サバなどは自分の突進力で海水ごと口に入れ
エラに海水を通しながら捕食します。
吸い込むとは若干ですが、違うと考えてます。
捕食する時に魚が止まってるか、動いてるかで分けると分かりやすいでしょう。


簡単に言うと噛み潰す魚以外のフッキングのタイミングは適当でも結構掛かります。
フックアップするには必ず口の中でフックを滑らさないとダメですからね。
アゴの力のない魚は、いつフッキングしてもフックが動きます。
歯の鋭い魚は少ない力で捕食できるのでアゴの筋肉は退化しています。
食べてても頬の肉は、ほとんどないでしょう。

吸い込んで飲み込む魚は口が大きく進化したり、口の周りの構造が伸びるように進化してますね。
でもアゴの力は必要ない為、掛けやすいです。


これらの中で、やはり飛び抜けて難しいのが噛み潰す魚でしょう。
このように相手を知れば、鯛以外の魚でも有効な攻略法が見えてくると思います。

例えば来島で良く釣れるサバ。
私の遊漁船でも狙う事がありますが、これはかなり重たいオモリを使って硬いロッドで全然大丈夫です。
なぜなら吸い込む魚でも突っ込んでくるタイプですからね。

逆にメバルやアジは出来るだけ軽いオモリと柔らかいロッドを使います。
これは止まって吸い込む魚ですから、吸い込めるように多少横に動きやすいようにします。

こういう習性まで考えながら釣ると、今まで見えなかったものも見えてくると思います。



話がそれましたが、本題に戻ります。
噛んですぐ離すのは半信半疑なので様子を見てる為だと思うのですが、すぐに口を開けます。
そしてそのまま居なくなる鯛もいれば、ずっと付いて来て最後はガッツリ食いに来るのもいるでしょう。

この感じでコツコツと噛みながら追って来て、10m以上付いて来て釣れたとします。
釣れた嬉しさに浸るより
何故、10mも追いながらエサかどうかを確認してるのかって考えましょう。



腹が減って食いが良い鯛に見つけてもらってるか、水深が深くて暗い為、確認しにくい事が多いです。
浅場だとスカート1本1本、シビアに見てますし、上にはあまり上がりたくないので見切りますよ。



フッキングでの即合わせは、居食いする鯛にも効果的ですよ。
居食いする鯛はそのまま巻いて、ある程度、抵抗が大きくなると離してしまうことがあります。

居食いは大鯛に多いのですが、大鯛は簡単です。
大きな鯛は鈍感でかなり抵抗が大きくなってから気付きます。
その為、初めは引かないけど、暫く経って釣られてるという異変に気付いてから走ります。
こんなのは切られることだけ心配すれば、力ずくで走ってくれるので掛けるのは超簡単ですね。

難しいのは30cm以下の鯛の居食い。
これが難しいですね。
自分の力で掛かる鯛とはわけが違います。
巻くと違和感を感じやすく離すのは早いです。
フッキングを練習するなら、この手の鯛で練習しましょう。
50cm以上の鯛でフッキングを練習しても意味がないです。


鯛が居食いするパターンは

・大型で自分の捕食をジャマする魚が居ない。
・小さい鯛でも周りに横取りする鯛が居なくて、なおかつ底で捕食した場合。
(底から離れて食うと、一目散に底に潜ろうとします。)
・流れてくるエサを待って食ってる鯛。
・気付かれない様に、後からゆっくり近づいて噛んだ時。


これくらいですね。
まぁこれは来島海峡周辺での話しです。 他の海域ではちょっと違うかもしれませんね。

合わせは鯛によっても変わりますし、船の流し方によっても変わります。
ドテラで流したりすれば鯛は止まってても、船が動いてる分
自分が思ってるより抵抗を大きくしてしまいがちです。


潮が速くて鯛が居食いした場合

画像


たとえリールを巻いてなくて、鯛が居食いしていても巻いている状態と同じになります。
巻き続けても、自分が思っている以上に力をかけてしまうこともあるでしょう。

巻く力とスピードを調整する釣り方を覚えれば
こういう状況にも対応できるようになります。

来島海峡みたいな潮の速い海域では、潮と同調させても
海流で流されて同じことになります。
同じ巻くにしても、ただ単に巻くだけでなく、それらの抵抗を考えならが
力をコントロールすれば掛かる率は格段に上がりますよ。
2枚潮の時なんかもそうですね。


私が遊漁船で流す時に、潮の速さとか2枚潮を言うのは
こういうことも考えて釣ると釣果に差がでるので、その為に言ってます。

上達してくると間違いなくフッキング率は上がってきます。
ハマチのジギング等は、どうしてもスッポ抜けがあったり
ジグとフックが同調してない時に食われたりがあったりしますが 鯛は噛み潰してくれる為、それらはほとんどないです。

だから掛ける技術があれば、高確率で掛けれると思ってます。
私も今ではハマチのジギングのフッキング率より、高確率で鯛を獲れるようになりましたね。





サイト内に掲載されたテキスト・画像等全ての転載転用・商業販売を固く禁じます。
私の理論には一般に知られてない独自の理論が多いです。
言葉を変えて引用しても一目瞭然ですのでご注意ください。





鯛ラバの自作の注意点とキャスティング鯛ラバのデメリット



鯛ラバを作る時に皆さん色々と工夫してます。
自分で作った鯛ラバで釣れると嬉しさも格別ですね。
作る時もそうですが、市販の鯛ラバを買う時にも皆さんパッケージに入った横からばかり見てますよね。
横側も大事ですが、実際は下から見る状態もかなり大事ですよ。

鯛は鯛ラバの横から食ってくるより、後ろから食ってくることの方が多いです。

横からだと相手も見ているので捕食は難しいはずです。
真鯛の体はスズキやハマチなどの魚に比べて、関節の自由度が少ない為 体を一気に曲げての方向転換は難しいのです。

基本的に捕食時は一直線です。(魚を食ってる時の話です)
真後ろから追って食うのがほとんどだと思います。
そこで鯛ラバの真後ろの見え方が重要になってきます。

なんでそこまで言い切れるかというと、それもきちんと説明出来る理由が二つあります。
一つは企業秘密で内緒にしておきます。
これは船の流し方とかにも秘密があるので、墓まで持っていきます。(笑)

もう一つの理由は図解で説明しましょう。
最近、メジャーになってきてるシャローのキャスティングにも物申す内容ですが。


キャスティングを横から見たイメージ

画像

シャローの場合、鯛は上の図のように鯛は底に居ます。
バーチカルだとすぐに海面に近くなってしまいます。
でもキャスティングだと同じ水深まで上げるのには、角度にもよりますが 1.5倍から2倍くらい上げる事になるでしょう。

それだけアピールの時間が長くて広範囲を狙えるから有利と世間一般では言われてます。 でも実際はそんな単純なものではありません。

画像

横からイメージするとこんな感じですね。 長く鯛が追えるし、アピール時間も長くて良いことだらけじゃないかって思いますよね。

でもドシャローでのキャスティングで全く食わないのに、バーチカルなら連発してるのも多々あります。
鯛ラバの経験豊富な方なら、そんな状況あるあるって思うはずです。

これが鯛が鯛ラバを見てる方向のヒントになります。
そしてこの狙い方がベイトが小さい時にでも鯛を反応させる方法でもあります。

例えば上の図のような位置関係で考えてみます。



バーチカルでの鯛から見える鯛ラバのイメージ

画像

バーチカルだと、どの方向の鯛に対しても見え方が同じです。

画像


(一応、水の流れをイメージしてスカートは閉じてます)

ほとんどの場合、このように見えます。 下斜めからですね。
これだと全長等はわかりません。


更に好都合なのは上から太陽が照りつけるので逆光になります。

人間よりは逆光に対して見やすいとは思いますが、小魚のお腹が銀色なのは逆光で見にくくする為ですからね。
全く影響がないとも言えません。

これだと鯛ラバを見切られにくくなるのです。
もちろんしっかりセッティングできた鯛ラバじゃないと見切りますよ。


そしてキャスティングの場合

画像

キャスティング鯛ラバに対して鯛がこの位置にいるとします。

横の見え方がこうですね。

画像

真横のシルエットが見えます。
この見え方で食う時はキャスティングが強いですね。
ただ、この見え方で釣れない時は絶望的になります。



有効なのは後ろから来た鯛のみ。

これはバーチカルと同じ見え方になります。
ただ釣れるのは巻いて寄って来てるのだから、必然的に初めだけか、バーチカルに近くなってからあたります。
それでも横にいた鯛の横を鯛ラバが通り過ぎて、後ろから見たら食うかもしれないって考えるかもしれませんね。
しかし鯛は一度獲物じゃないと判断したものは追ってきません。
一発勝負です。


横に居た鯛が通り過ぎるのを待って、後ろからアタックしてくるから良いのでは?なんて甘い考えではダメですね。
残念ながらそれは無いです。

一度、獲物の視界に入ってしまった鯛は追う事はないようです。 もちろんキャスティングで釣れにくい時の話です。
裏付けできる理由もあり解明出来てるので言い切れます。



画像

前からだと、こんな感じ見えます。
釣れにくいと思います。

キャスティングで釣れない時にバーチカルで連発する。
これの理由を解いていくと鯛ラバの見え方次第で鯛がアタックしてくるのが理解できるでしょう。



バーチカルでの鯛の釣れる範囲がこうですね。

画像

360度全てに有効です。


キャスティングだとごく一部になってしまいます。
画像

落とし直して近くになれば釣れますが、あまりにも効率が悪いです。

もちろんキャスティングが抜群に強い時もありますから
その時々で試したり、他の人の状況を見ながら判断ですね。


鯛ラバを買う時に下斜めから見て買ってください。
こんなこと誰も言ってないので、このサイトを見てるのがバレバレですが。(笑)

この写真の鯛ラバはこの写真の為に、部屋に転がってた余り物で作りましたから 真似ても釣れるかどうかはわかりません。

まぁたぶん幾らかは釣れるでしょう。(笑)

でもこの釣り方に向いてる鯛ラバも条件があります。
ある程度は上手く作ってないと全然アタリがでないですね。


ちなみに上記の市販の鯛ラバでも、狙ってるのか偶然なのかわかりませんが
この条件に抜群に強い鯛ラバがあります。
どれなのかはここでは言えませんが市販のも優秀です。






タイラバ(タイカブラ)のフックについて

タイラバはバラシが非常に多いです。特にタイの口は非常に堅いのでフックが掛かりにくいでしょう。

そしてタイラバは底をとるときにどうしても構造上仕方ありませんがフックが先に底にあたります。

その為、根掛かりや外れてもフックが傷んでしまいます。
先の痛んだフックではタイの堅い口には到底掛かりません。

他の釣りではアタリがあれば力ずくでフッキングすれば良いかもしれませんが

反転してくれるとまだいいのですがアタリがあるがコツコツだけで掛からないという事が多々あります。

その時に新品のフックなら非常に鋭利なので反転する前に口の中に引っかかってくれ易くなります。
マダイがネクタイを何度か噛んで、「あれ?エサじゃない」と魚が思い、口を開けて反転した時に口のどこかに引っ掛ける狙いです。
そして私が使用しているフックはひねりのフックを使用しています。これはフックを歯で真横に噛まれた時に掛けやすい為にです。

大物が釣れた時はドラグをきちんと調整しておき
フックの折れやリーダーのブレイクが無い様に気を付けてます。
フックが折れる時は大抵、貫通してない状態で反転した時に折れます。横方向にこねる力が加わると比較的簡単に折れますね。
折れないように太くするのも刺さりが悪くなるので考えものですよ。

太いフックは強度は十分ですが比重が重いのです。

以前、釣り番組でタイラバの水中映像があったのですが
少し斜めに引いてくる時にラバーとフックの位置がずれていました。

ラバーは斜めなのですがフックは真下に近い所にあり
あれではラバーを噛んできてもフックに掛かりにくいと感じました。


マダイの引きは瞬発力の力が凄いけど、持久力は全くありません。白身の魚ですから、人間で言うと速筋(白筋)ばっかりの人ですね。
ボディービルダーみたいな感じです。
力は凄いけどすぐにバテて持久力はないですから、魚が突っ込んでいる時は無理せず走らせておき、すぐに必ず休むのでその時に巻き取ります。
そうすればライトタックルでも大鯛は上がります。

作る時に気をつけるのは掛かりが悪いからといって
リーダーを長めにするとラバーの動きを殺してしまいます。
リーダーが太すぎるのも同じです。
ラバーのヒラヒラが無くなってしまいます。

バランスを考え、純正を見習うところは見習い
自分の考えを融合して作り結果が出るとこれほど楽しいことはありません。


純正の交換フックは非常に高いです。しかし高いフックだからといっていつまでも使っているといざ掛からなかった時に非常に後悔します。
自分で作れば手間は掛かりますが安く作れ
自然と交換の時期も早くなります。

大量に作ってどんどん交換しましょう。

滅多に無いバイトをものにする為に最善の策をとっておきましょう





タイラバでの釣果の差

タイラバの釣り方は超簡単、単純に巻くだけ・・・ひたすら巻くだけ・・・
でも確実に上手な人にはアタリがありダメな人は釣れないんですよね。

巻くだけなのになんでだろう?、なぜおいらにはアタリが無いんじゃ って人も多いのでは?

そんな人はぜひ参考にしてください。 あくまでおいらの考えですけども・・・
たくさん釣るためにタイラバには何が大事でしょう。

・巻くスピード
・カラー
・タイラバの種類や重さ
もちろんです。かなり重要です。
ただ、これらは真似ができます。
釣れている人のカラーやタイラバを真似て同じスピードでリーリング。 でも釣れない人は真似ても釣れません。

私が考える重要事項、 それは 着底時間の短さ です。

なんじゃそりゃ?と思うかもしれませんが、理由はこうです。
タイラバは巻き始めてからが勝負ではありません。 フォール中からすでに勝負は始まってます。

マダイはフォール中に寄ってきて「なんだろう?餌か?」と近寄ります。
遊泳力が優れているわけでもなく、動くものの捕食が下手なので フォール中にはよほど食いが良くない限り食ってきません。

そして着底後、マダイはタイラバを見てます。 ここで上手な人は即タイラバが上って行きます。
マダイは止まったタイラバを見れず、すぐに逃げようとするタイラバを襲ってきます。
自分が近寄ったら逃げるのですから、フィッシュイーターの本能をくすぐるでしょう。

逆に着底時間の長い人は完全に止まったタイラバを見られてしまいます。
ただの鉛にゴムですから(笑)、それからいくら動かしても一度食べ物じゃないと 判断したマダイに食わすことは無理だと思います。

良く釣る人は気付いてない人もいると思いますが、底切りが上手いですね。
だから良く釣る人は巻いてすぐから巻き終わるまで良く釣れます。
逆に底切りの遅い人が釣れるのはかなり上のほうで食うことがほとんどです。
と言ってもアタリの数は少なく、活性の高い時や群れが多い時などにアタルだけです。
リーリング中に寄ってきたマダイだけが釣れます。

だから船中で釣れているのに自分だけが釣れていない、とか 流れの無い海域では釣れるのに、流れの速い海域では釣れない
(ラインスラッグが出すぎてリーリングしても、暫くタイラバが動かない。 詳しくは海峡で根掛かりを少なくする為にを参考にしてください。)
などという人は、そういうところに気を付けてタイラバしてみてください。 アタリの数は倍増すると思いますよ。
そういう点でもラインは細ければ細いほどアタリは多くなります。(ラインスラッグが出にくく、底切りが早い)

釣れない人に多いのがハンドルを巻く側の手をフォール中は離していて、タイラバが着底したら手をハンドルに持っていってから
巻き始める人がいますが、かなりの数のマダイが見切っていると考えてください。
深いポイントならまだしも浅いポイントなら致命的ですよ。



よく鯛ラバの遊動式で言われている「フォール中にヘッドと鯛ラバが離れて、ゆっくり落ちている鯛ラバに食ってくる」というのがありますね。

海域の違いなのかもしれませんが、私の考えはちょっと違いますね。
深くなればなるほどPEラインには上に引っ張る力が加わります。
その状態では鯛ラバとオモリが離れる事は物理的に無理だと思ってます。
巻き始めに抵抗が無いのはラインスラッグですね。
まぁ人それぞれの考え方がありますから、実際に何十mの水深で見ないとわからないです。


ゆっくり落ちる事で、鯛に見られ過ぎて良くない事がある気がします。
あえて速く落とすことで見切られないのです。

鯛の遊泳力はメチャ速いです。ゆっくり落ちていくような鯛ラバはピッタリ付いて見られます。
ヘッドが無いから警戒されにくく釣れそうな感じはするかもしれないですね。
でもヘッドから生み出す流れが無いと、鯛ラバなんてただのゴミに見えるかもしれません。
(魚を食ってる鯛に対してです。甲殻類を食ってる鯛には有効かもしれません)
まぁ水深が深いとラインの抵抗で全然離れてないとは思ってますが。

来島のような岩礁帯では根掛かりだらけになりますしね。


それよりも有効なのが「鯛が追いつけなくて見えないくらい速く落とす」です。


水深が浅ければ軽くして、深ければ重くする。
流れが緩ければ軽くして、速ければ重くする。

一般的に言われてる常識ですが、それがすべてではありません。
小型の鯛は小さいヘッドは有効ですがね。
それでは大型の鯛は食いにくい事があります。



鯛ラバ(鯛カブラ)の沈下スピードの重要性

軽ければ良いという訳ではありません
画像

・フォールスピードが遅すぎると鯛に追いつかれてしまう。
・着底した瞬間は鯛ラバがモジャモジャになって不安定。



画像

ただヘッドを大きくすれば良いという訳ではありません。
水深にもよりますが、やはりヘッドが大きすぎると警戒されるかもしれませんし
何より鯛ラバのセッティングが非常に難しくなります。(深場は別です)


その点、やはりタングステンは非常に有利です。

比重1.7倍は、かなりのアドバンテージですね。
タチウオ、サワラ、根掛かりと敵は多いですが、メリットは大きいです。

色なんか塗らなくていいから安いタングステンを作って欲しいものです。
注)軽い鉛でゆっくり落として釣る方が良い時もありますし、浮き上がらせを強くしたい場合は鉛でも良いですね。

ただ、同じ鯛ラバでタングステンと鉛を使うと動きは違いますので、きちんとヘッドに合ったセッティングにしないとダメですね。

例えば鉛ヘッドで釣れた鯛ラバを、同じg数のタングステンにすれば、もっと釣れるってわけではありません。
そんな単純ではないですから、自分なりの組み合わせで狙ってみてください。


鯛は雑食ですからね。色んなエサを食います。 だから難しくて面白いんだと思います。



鯛ラバの巻くスピードですが、数人で鯛ラバしてて釣れてる人に巻くスピードを合わせても全然釣れない事があります。
同じ鯛ラバじゃないとスピードを合わせても意味がないです。
タイラバでは釣り座は結構重要です。
ジギングよりは影響が大きいですね。やはり先にポイントに入る人が非常に有利です。
ただそれだけではないので後の人は、前の人とは違うタイミングで落としたり色を変えたり、水深が浅ければキャストしたりして工夫すると良いでしょう。

鯛は一度タイラバを追ってきて見切ると、後のタイラバは完全無視をします。
船で狙う場合も釣り人が多すぎても他の鯛ラバに反応しまくってダメですし
少なすぎるとパターンがわからず、釣れるべき時に釣れないことになります。
数艇で同じポイントを流すのも同じことが言えます。
青物は関係ないですが、鯛やアコウは人の船の潮下に入ったり近寄るのも注意ですね。

ハマチ場合は目当てのジグが食えなかったとしてもすぐ横を通ったジグを食います。だから後からポイントに入る人でも当たりやすいですね。
これはナブラ撃ちでのハマチの動きを見ての考えですから間違いないと思います。

ただ鯛はそうはいきませんね。
漁探を見る限りでは見切って下りて行く鯛がまた次のタイラバをみて上がって行く事は見たことがありません。
タイラバのフォール中に寄ってきて着底で見切った鯛も同じだと思います。
なので始めにポイントに入る人が見切られまくるような時は釣れない時間が多い気がします。

逆に上手な人が先頭だと、その人のタイラバは見切るのではなくタイミングが違うだけなので後ろの人も釣れる可能性が大きくなります。
でも不利な釣り座で連発もありますからね。
色んな要素がある感じですが、まだなんとなくしか解ってないから書くのは控えます。

先頭の人が後ろの人の釣果を大きく左右するといっても良いかも知れませんね。

こんなことを書くと先頭の人はプレッシャーになるかな?(笑)

特に冬場は重要ですよ。
先に入る人が良くないと後ろは非常に厳しくなります。
後ろはメチャ難しくなりますので、かなりの対応力がないと釣れなくなりますね。
冬に後ろが難しくなる理由は解明出来ましたが、ここでは伏せておきます。
それに対しての対応策が微妙です。季節がら出船出来る日も少ないですから経験が足りません。
いつか解る日がくると良いのですが・・・

ちなみにポイントに入るのは風向きと潮の向きの兼ね合いなので、船首が良いという訳ではないですよ。

ま、あくまで私の考えですから、そんな事はないって人は無視してください。



極細ラインで大型の来島真鯛を取り込むコツ。

来島海峡では2枚潮なんて普通で、おまけに上と下の潮の流れの差が半端じゃありません。
そんな流れを釣る為には極細ラインは不可欠です。

PE0.6か0.8。できれば0.6号をお勧めします。
リーダーは3号ぐらいで十分。それ以上だと根掛りして切る時にスプールのラインが傷みます。
PEが高切れすることも防げますしね。

タイラバとの結束から切れるのが理想です。
ラインシステムは強ければ良いというものでもありません。
意図的に切る場所を作るのも大事です。
チャンスタイムにラインシステムを何十分もかけて結んでは釣れるわけがありません。

その極細ラインで大型で流れに乗ったマダイを取り込むのは非常に難しいです。
よく皆さん切られまくってます。
でもコツさえ掴めば首が振れないし、力任せに突っ込むだけの大型マダイは取り込むのは簡単ですよ。

まずはドラグの調整。皆さん指定ドラグきっちり数字を合わせたりしてますが、あんなもん必要なし。
ラインの出る力はロッドの角度によって全然変わります。
細かい微調整は釣ってからです大丈夫です。


ドラグ設定の仕方

ドラグ調整のよくある失敗例

画像

図のようにロッドを曲げてドラグ設定してる人がほとんどだと思います。
実際、この設定で釣った人は経験あると思いますが、サイズの良い鯛が掛かると
リールは全然巻けなくて鯛が上がって来ないでしょう。


他にもロッドを立ててしまう人などは、角度が付いてドラグが出ない時に切られる事もよく見ます。
ドラグ設定してるのだから切れるとは思ってないのでしょうが
ロッドの角度次第でドラグの力は変わります。

もちろんリールのドラグ力は変化ありませんが、ガイドの抵抗がありますからね。
それは角度で全然違いますから、規定通り設定しても結局、最後は釣り人の腕で調整です。

 
私のドラグ設定の仕方は下記の様な感じで設定してます。
画像

ドラグ調整はリールから出るラインを引っ張って調整します。
切れる寸前とかではなく、手で引っ張って重たい程度ですが、正直感覚です。
これでロッドが曲がると結構キツめでラインは、あまり出ないと思います。

これじゃ切れるだろって思うかもしれませんが、全然大丈夫です。

普段のやり取りはロッドを曲げて行いますが 突っ込んだ瞬間にロッドを下げます。
ロッドを下げたストロークで鯛が下を向きます。

これが下記に書いてある「ファイト中にバレにくい方法」の中にある鯛を下に向ける事になります


もし大型なら、ここでラインが一気に出るでしょう。
ロッドが真っ直ぐだと弾力がないのでバレるのでは?と思うかもしれませんが
大型の鯛は首も振れないし、突っ込んだ勢いがドラグで止まらないので下を向いたままになります。
だから全然外れることはないです。

難しいのは小型のやり取りですが、まずは大鯛のやり取りの仕方を説明します。


まずはリールはドラグの出だしが非常に重要。こまかな調整が利くとかは必要なし。
どうせ指のサミングで自分でします。


一発目の突込みがあまりに強烈だと瞬時にクラッチを切っていなします。
その時も適度にサミングして鯛が下を向いた状態のままキープしつつ、なおかつ抵抗を与えます。
鯛が止まって口を開けた時にフックアップする為です。
フリーにしたり抵抗が無さ過ぎると掛かりません。


そして突っ込むときは必ず一発目の時にロッドを下にいなして力を逃がします。
ここで切られる人は、ほとんどロッドを曲げたままで切られてますね。
鯛の瞬発力は半端じゃないです。曲がったままではドラグが出る前に切られます。
ロッドを下げるとドラグは出やすく、スムーズに力を逃がせます。


そして鯛の性質上、すぐに止まります。
ここで適度な追いフッキング。
力加減は魚の大きさ、深さとかによりますので一概には言えません。
なぜここかというと突っ込んですぐの鯛は確実に下を向いてます。
なのでフッキングしてもバレません。
不安なら突っ込みの後の度に数回フッキングしても大丈夫です。



巻くだけで釣る人は突っ込みは同じようにロッドを下げて
テンションを調整しながら巻きます。
その時にロッドを上げていきます。
そして突っ込めばロッドを下して力を逃がします。
これの繰り返しですね。

余裕があればスキをみて一応念のためドラグを緩めます。
ドラグの調整は超大型の場合は鯛が止まってる時にサミング無しで上がるか上がらんか程度。
そしてロッドの角度を常に下げれるスペースがある状態でやり取りします。

ロッドが起きている(曲がっている)状態で巻こうとすると巻けないのでサミングしながらロッドを上げてきます。
そしてロッドを戻しながら巻き取ります。もちろん力を抜き過ぎず抵抗を与えたままロッドを下ろしましょう。
磯竿のように一気に戻して巻くと短いタイラバロッドでは外れやすいです。

これの繰り返しですが常に鯛が突っ込むのに対応できるようにしておきましょう。
何度も奴は突っ込んできますよ。

切られるのは道具のせいではありません、腕です。
もちろん昔のドラグ性能のボロリールでは使い物になりませんよ。

安くてもドラグは抜群のリール。 ソルティーワン

めっちゃ安いけど性能十分。不満はハンドルが腐食する程度。
耐久性は値段なりなので、本格的にするかどうかわからなくて、とりあえず1個目に買うのも良いでしょう。
鯛ラバが自分に合ってれば上位機種を買えばいいと思います。
どうせサミングなしで落とせない来島海峡ではスプールの回転性能なんて必要なし。
超細かな微調整が出来るドラグは瞬時に一気に緩める事が出来んからいらない。
もちろん人それぞれの考えです。

そういや昔エギングしまくってた頃も高いリールに変えてからドラグが細かすぎてダメやったね。
普段フッキングの為にキツめにして掛けてから緩めるけどデカイのになるとドラグを緩めるんが間に合わない。
半回転ドラグ緩めたら一気に緩んでくれる安いリールのほうが使いやすかった。
それぞれの釣りのスタイルがあるから仕方ないけどさ。エギングにそんな細かいドラグ設定必要?って考えは私だけかな。






ファイト中にバレにくい方法

お客さんを見てるとタイラバはアタリの数(明確にタイのアタリ)の半分も釣れてないと思います。

大きいのは切られてしまったり、合わせで掛からなかったり巻き上げる途中で外れたりと色々です。
切られるのと合わせは上で説明してるので、ファイト中にバレにくい方法を紹介します。

もちろんガッツリ針掛かりしていればファイト中に外れることはありません。
針がカエシまで突き刺さってないから外れます。

外れた時の合わせなんかを思い出して糧にしましょう。
もちろん硬い歯に当たってたらどうにもなりませんが、外れにくいやり取りをしていれば、もう一つのフックがタイのどこかに掛かるかもしれません。
獲れる率を少しでも上げるのも大切です。

綺麗に掛かってれば問題ないですが、ファイト中にそんな事はわかりません。
どうやったらバレにくいか・・・

それは暴れた瞬間にタイを下に向けることです。

大型とのやり取りにも書いてますが突っ込んだ瞬間にロッドを下げてタイを下に向けます。
大きいには力を逃がすのも目的ですが、小さくても下を向いてるのでバレにくいです。

魚を止めてしまうと突っ込もうとしたタイが横を向いたり巻き続けると上を向いたままエラ洗いのような状態になって外れます。
よく水面上まで上げ、抜き上げる時に魚が外れるでしょう。あの状態になります。
磯釣りで良く見る光景ですが、あれは柔らかい磯竿と針だけが魚に掛かってる、なおかつ錘がほぼ無いから外れないのです。
タイラバやジグが付いてる釣りには無理です。真似しないようにしましょう。
タモ待ちの時は魚を真横に向けて横に引っ張りながら待ちます。

40cm程度のタイでもドラグが出るように設定(魚を掛けてから緩める)してると突っ込んだタイがドラグが出る為に横にならないんでバレにくいですよ。
初心者の方には良いかもしれませんが、上級者ではロッドワークですることをお勧めします。

鯛のバレる原因で身切れは、ほとんどないと考えています。
口の周りの肉や皮膚は、かなり強いと思います。
あれを引きちぎるのは至難の業です。
身切れと思ってるのは、口に引っ掛かってただけのフックが外れただけです。
カエシまで入るとまず抜ける事は少ないと思います。

ハヤブサ 無双真鯛TGヘッド
どうしてもバレが多い人は遊動式がお勧めです。
格段にバレが少なくなります。



私が大鯛を釣っても喜ばない理由

先日書いた鯛ラバ用のリールの記事にもありましたが、大鯛と深場の鯛は無警戒っていうのを詳しく書いてみましょう。

数人で鯛ラバをしていて、皆さん釣れている日に全然釣れない人もいます。
色々な理由があると思いますが、鯛ラバが合ってない時に陥る罠があります。

釣れてない人が釣れてる鯛ラバを真似せずに辛抱して使っていると突然、大鯛が食ってくる事があります。
起死回生の大物で、お客さんも大喜びで私もメチャ嬉しくなります。
でもそれで、その鯛ラバを使用し続けてしまったり
最悪、合っている他の人まで大鯛が釣れた鯛ラバに変えてしまったりします。
でもそれは釣れない事が多いです。

正直デカいのは無神経でバカです。(笑)


大きいから今まで生きてる、警戒心も強いって考えの人が多いですけどね。
私の考えはちょっと違います。なぜそう思うかも理由があるからです。
私が知る限り、ブラックバスは大きいほど警戒心が強いですね。 狭く浅い場所で大きくなるまで生き延びてきたのですから、警戒心が強くなるでしょうね。

でも鯛は広い海。
デカい鯛程、警戒心がなくて、少々の事は怖がることなく余裕でエサを食ってますね。 メバルなんかもそうですね。

その証拠に食った後に逃げません。 ほとんどの大鯛は居食いします。

早巻きしてたらロッドをひったくるようなアタリって思うかもしれませんが 実際は自分がラインを巻き取ってるからって事がほとんどです。

メバルも大きいメバルから釣れるって言うでしょう。 やはり警戒心が少ないです。

ハリスが太くても食ったり、オモリが重くても食ってきたりします。
ワームを使ったメバリングでも大きいメバルは警戒心が強く、アタリが小さいので分かりにくい、 ってのが良く言われてますね。
でも本当は居食いだからアタリが小さいです。
あとは深場に居る事が多くアタリが取りずらいってのもありますけど。

小さいメバルは食った後に逃げようとしますからアタリは大きくなりますね。

よくフカセの水中映像にありますが、エサを食ったら一目散に下に潜っていくでしょう。 あの状態です。
あの状態は水面近くに上がるのが怖い、でも食いたい。 その心理で大きく入るウキの動きになりますね。

逆に大きい魚はウキが、ゆっくりと沈んでいくことが多いような気がします。
食った後でも悠々と泳いでいるのでしょう。 (あまりフカセは極めた感がでるほどは経験ないので違うかもしれません)

もちろん全ての魚がそうではないですが、そういう傾向があるという事は頭に入れておいて損はないでしょう。


だから私は大鯛が釣れても喜びません。
まぁ正直仕事では嬉しいのですが、プライベートだったり何か確かめる為の釣行の場合は一切嬉しくありません。
その大鯛が釣れた鯛ラバのデータは参考にはしません。

もちろん小さい鯛も釣れるならOKです。

それでも大鯛だってなんでも食うわけではないですよ。 きちんと好む鯛ラバと釣り方があります。
それを狙って出来ますが、私の目指すのは色々なサイズの鯛が釣れる鯛ラバを見つける事です。
大鯛に狙いをしぼってしまうとアタリは確実に減ってしまいます。
そこらの調整が非常に難しく、日々、頭を悩ませていますね。

そしてもう一つ、深場の鯛は警戒心が少ないですね

もちろん、ほとんど真っ暗の世界ですから警戒心がなくなるのは分かります。 夜に釣る魚は警戒心が少ないでしょう。
昼に食う魚と夜に食う魚がいるのは解るとおもいますが 昼夜関係なく食ってくる魚でも夜は明らかに食いが良いでしょう。

鯛、メバル、サバなどいずれも夜やマズメの方が簡単です。

その状況が常にあるのが深場です。

市販のは深場しか釣れないのも多数あります。 テストは深場しかしてないんだろうなって解りますね。

私は散々試してきたので鯛ラバを見れば、この鯛ラバはこういう状況でしか釣れんなっていうのが大体わかります。
 
瀬戸内で市販の鯛ラバが通用しない事が多いのはこんな理由もありますね。
特に鯛ラバが超シビアになる冬は、その傾向が強いです。

去年はテレビでも瀬戸内の冬の鯛ラバをやってましたが 今年は私が知る限りなかったと思います。
日によっては全く釣れないですから厳しい釣りになるでしょう。
今年は他の海域の鯛ラバでしたね。

でもこの極寒期を攻略しないと本当の鯛ラバの奥深さを知ることは出来ないでしょう。
それは1年中、来島の鯛を釣ってきたお客さんなら解ると思います。

厳しい時期で本当に何も釣れない事もありますが
釣れる日にあたれば得る事も多い時期ではあります。

話は逸れましたが本題に戻ります。

深場は色んなタイプの鯛ラバに食ってくる事が多いです。 だからパターンにはめるのが難しく、掴みどころがないかもしれません。
細かい鯛ラバのセッティングというよりはアピールやアクション重視の傾向ですね。 深場は深場の難しさがあるので釣り人が対応していく必要があるでしょう。
ここらはあまり詳しく書く訳にもいかないので、これくらいにしておきます。

そして深場で食いが良いのにエサが少ないってのもあります。
だから一度エサと認識すると口を離しにくい傾向にある感じがしますね。 このエサを逃すと次のエサにありつけるかどうかわからないのかもしれませんね。

他にもディープはあまり状態の良くない鯛が多い傾向があります。 細くて病気がちなのも稀に釣れます。
という事は調子が悪くてもエサが食えるんでしょうね。

ヒトデや貝類、イソギンチャクとかロクなもんを食ってない事が多いです。
深場なんで腸が出てきますが、腸の中は貝殻みたいな物がたくさん入ってます。
あんなもの食いたい訳はないでしょう。

シャローの方がエサの質は良いとは思いますが、エサが多くても逃げられるエサが多いでしょう。
小魚なんかは相手も自分を見て逃げるでしょうからね。

シャローにも貝やカニとかは居るはずですけど、痩せてるのは決まってディープにいます。
もしかしたらエサだけの問題じゃなく、水温変化や流れが速い等の理由もあるでしょうね。

調子の悪い時は安心できる場所に行きたがるはずです。
天敵はいるのかどうか分かりませんが、深くて見られないのも安心の一つなんでしょうかね
鯛は暗くてもエサを見つけられますから。

逆に鯛ラバも鯛から見たらシャローは丸見えです。 そこでシビアなセッティングが必要になってきます。

シャローの鯛は警戒心が強く、そしてエサが豊富な為、そのエサだけに執着していない感じがしますね。 深場とは逆に違和感があるとすぐに口を離します。
また次のエサを捕まえればいいやって感じかもしれないですね。
難しいですが深場にはないテクニカルな鯛ラバです。
でも、これこそが鯛ラバの面白さの真骨頂だと思います。

他の海域では違うかも知れません。

最近、気になってる記事を盗作する人も海域が違うので真似ても違ってるかもしれませんよ。(笑)
せめて自分での釣行で事実を確認してから載せましょう。
それなら私も全然大丈夫ですし、お互い恥もかかないです。

じゃないとサイトを参考にして釣ってるのに全然釣れんやないか!って文句言われますよ。 私も間違ってる事があると思いますからね。

鯛は全国の海域のどこにでもいる魚。
逆に言い換えれば、その海域に対応してエサを食ってるはずです。
来島の釣り方や習性が他の地域に当てはまるかは知りません。


間違いに気付いたら誰にも知られないように、コソッと書き換えておきます。(笑)




鯛ラバの難易度の違い


鯛が釣れやすい条件というのは確実に存在します。
釣れやすいというのは良い事ですが、鯛ラバのセッティングという点では迷う原因になるというのは確かですね。

しかしそれを理解して、その条件にあてはまると思った時に対応すれば今まで釣れなかった鯛が釣れたり
「今は釣れないこの鯛ラバだけど以前釣れた鯛は、なぜあの時だけ釣れたのだろう」というような時でもヒントになるかもしれませんね。

鯛の釣りやすい条件
簡単 条件 難しい
朝夕
時間帯
深い
水深
浅い
大きい
鯛のサイズ
小さい
高い
水温
低い
速い
潮の速さ
遅い
先頭
釣り座
最後尾
少ない
落とす鯛ラバの数(乗船人数)
多い
初回
鯛に鯛ラバを見せた回数
通す度に難しくなる
背の手前
背のどこに鯛がいるか
背の裏
岩礁帯
地質
砂地
底ベタ
鯛のいる位置
浮いている
先頭にいる鯛
群れの中の鯛の位置
後ろにいる鯛


色々な条件があるでしょう。

たぶん私も気づかないだけで、もっとあるとは思います。

水深は深くなれば別の意味での難しさは出てきますが、鯛ラバのセッティングや釣り方で言えば楽にはなります。

この簡単な条件が一つでもあると鯛は釣りやすくなります。
二つ三つあるなら、かなりヒット率は上がります。

ただ、逆を言えば鯛ラバのセッティングを追及する点を言えば、この良い条件のおかげで釣れてるだけでは本当のベスト鯛ラバは見つけられないでしょうね。
もちろんこの好条件を理解した上でのセッティングや釣り方に対応できれば、かなりの数の鯛を釣ることが出来ると思ってます。

毎回竿頭になるような人は、こういう事を対応できたり
自然と釣り座や細かい状況の違いに影響されないような万能型の鯛ラバや釣り方になってる人が多いですね。

お客さんが色々と試していただいてるのを見ると勉強になります。
まだまだ解らない事だらけなので追及し甲斐がありますね。

ベターな鯛ラバはいっぱいあります。 ベストの鯛ラバを見つけるのが最終目標でしょう。
あるのかどうかわかりませんが・・・

上記の難しい条件しかないって時は難しいですね。 でもこれらは対策できるような気がします。
いつも同じ条件ではないですから確信できるようになるには数年かかるとは思います。

自分の鯛ラバがどの状況で釣れたかを覚えておくと次回の参考になると思います。
そのセッティングが得意、不得意な状況が必ずあります。
釣れてる人の鯛ラバを真似るのも近道ですが、自分の作った鯛ラバは何が得意なのかを見つけておくと
その条件にあった状況になったと思った時に、それを使うと良いかもしれません。

釣れたら上記の条件がどのように絡んでるかを覚えておきましょう。

アナウンスで大事な状況は色々言ってると思いますが、自分の釣れた時の状況がわからなかったら言ってください。
大事だと思う事項がわかればお知らせできるかもしれません。
上記の条件が合うなら場所が変わっても同じ鯛ラバで釣れやすいのは解ってきました。

ただ、その鯛ラバしか釣れないということは絶対ありません。 同じ効果のある鯛ラバなら全然違うタイプの鯛ラバでも釣れます。
乗合船に乗ってるお客さんなら経験あると思います。

それはストレート、カーリー、色とかで分けれるものではないようです。
そんなところで分けてると以前の私のようにドツボにはまりますね。(笑)

 




鯛ラバ(鯛カブラ)の釣り方の基本は間違いだらけ

鯛ラバ(鯛カブラ)は一定のスピードで巻く必要はありません

鯛ラバ(鯛カブラ)の有効範囲について

鯛に鯛ラバを追って来させる3つの条件

鯛ラバの鯛に見せてはいけない範囲について

浮いた鯛を釣るために

鯛ラバにアタリが出た時の鯛の動き

鯛ラバのフッキングについて

鯛ラバ(鯛カブラ)の合わせのタイミングについて

鯛ラバの自作の注意点とキャスティング鯛ラバのデメリット

鯛ラバのフックついて

鯛ラバでの釣果の差

鯛ラバ(鯛カブラ)の沈下スピードの重要性

極細ラインで大型の来島真鯛を取り込むコツ

ドラグ設定の仕方

ファイト中にバレにくい方法

私が鯛ラバ(鯛カブラ)で大鯛を釣っても喜ばない理由

鯛ラバの難易度の差

速攻SFノット改動画





サイト内に掲載されたテキスト・画像等全ての転載転用・商業販売を固く禁じます。
私の理論には一般に知られてない独自の理論が多いです。
言葉を変えて引用しても一目瞭然ですのでご注意ください。




来島海峡の鯛ラバ、ジギング船なら来島丸


このサイトは来島丸の船長のHPです。

上にジャンプ




このサイトについてのご意見、ご感想は、メールでお送りください。

バナー

リンクフリーです。
リンクして頂ける方はご連絡下さい。m(_ _)m

バナー
釣り情報等のブログです。



現在の閲覧者数:
inserted by FC2 system